マンチェスターユナイテッドの最新スタメン予想!フォーメーションと新加入注目選手紹介も!【2021-2022シーズン】

マンチェスターユナイテッドの最新スタメン予想!フォーメーションと新加入注目選手紹介も!【2021-2022シーズン】

こんにちは!

2021年夏の移籍市場ではジェイドン・サンチョ、ラファエル・ヴァランを獲得するなど、

着実な補強を行い、このまま夏の移籍市場が閉幕すると思われていましたが、

最後にはクリスティアーノ・ロナウドが復帰するというビッグサプライズを起こしたユナイテッド。

この補強の結果、さらに進化を遂げるマンチェスター・ユナイテッドがプレミアや欧州の舞台でどう戦っていくか楽しみですね(^^)/

そこで、本記事では注目が集まるマンチェスターユナイテッドの最新スタメン予想とフォーメーション、新加入した注目選手や2021−22シーズンの展望についてまとめてみました(^^)/

 

>>【9/11(土)第4節:C・ロナウドのマンU復帰デビュー戦か!】マンチェスターユナイテッドvsニューカッスルの無料放送をネット中継で視聴する方法!見逃し配信も!【2021-22プレミアリーグ第4節】

 

>>【無料視聴可・LIVE&見逃し配信】プレミアリーグ2021-22・マンチェスターユナイテッドの試合はDAZN独占!1か月の無料トライアルはこちらから

 

マンチェスターユナイテッドの最新スタメン予想!フォーメーションと新加入注目選手紹介も!【2021-2022シーズン】

マンチェスターユナイテッド最新スタメンはどうなるか予想

GKは、

ダビド・デ・ヘアを予想します。

2020-21シーズンの終盤から正GKを務めていたディーン・ヘンダーソンですが、

7月に新型コロナウイルスに感染すると、その後遺症に悩まされ、チームへの合流が遅れていました。

先日、チームへの合流を果たしたものの、コンディションが懸念されることから、暫くは開幕から出場を続けているデ・ヘアが継続して起用されると見られます。

 

DFは、

ルーク・ショー、ハリー・マグワイア、ラファエル・ヴァラン、アーロン・ワン=ビサカの並びを予想します。

昨シーズンを戦ったディフェンスラインをベースに、今夏加入したヴァランが入ると見られます。

 

CBでは、これまでレギュラーを務めていたヴィクトル・リンデロフが控えに回り、

他にはエリック・バイリーと、怪我などの影響で昨シーズンは公式戦への出場がゼロに終わったフィル・ジョーンズがいます。

さらに、SBでは、左にアレックス・テレス、右にディオゴ・ダロトが控えています。

 

MFは、

ポール・ポグバ、フレッジを予想します。

レギュラーでの起用が予想されるスコット・マクトミネイは、鼠径部(そけいぶ)の手術のためチームを離脱していましたが、

9月初週にチームへの合流を果たし、コンディション調整を続けながら復帰を伺っている状態になります。

このため、マクトミネイが離脱している間は、左SHでの起用が多くなっていたポグバがボランチで起用されています。

 

控えにはネマニャ・マティッチがいますが、ポグバとフレッジの並びでは守備に不安が残るため、マティッチが先発する可能性もあります。

 

攻撃的なMFは、

クリスティアーノ・ロナウド、ブルーノ・フェルナンデス、ジェイドン・サンチョを予想します。

今夏、古巣であるユナイテッドに復帰したロナウドですが、

センターフォワードでもプレーすることが出来るため、起用ポジションの予想が難しくなっています。

 

トップ下には加入以降、ユナイテッドの絶対的な選手となっているブルーノ・フェルナンデス、

右サイドには今夏加入したジェイドン・サンチョが入ります。

 

また、EURO2020後に肩の手術に踏み切り、現在離脱中のマーカス・ラッシュフォードが復帰した際には、

左SHでレギュラーとして起用されることが濃厚となっていて、ラッシュフォードの復帰後、ロナウドがセンターフォワードでプレーする可能性が高くなります。

 

控えには、ジェシー・リンガード、フアン・マタ、ドニー・ファン・デ・ベークと、

センターフォワードでもプレー出来るアントニー・マルシャル、メイソン・グリーンウッドがいます。

 

FWは、

メイソン・グリーンウッドを予想します。

センターフォワードは他に、エディンソン・カバーニ、ロナウド、マルシャルがプレーすることが出来るため、

コンディションと2列目の攻撃的な選手の組み合わせを見ながら、最適解を見つけていくと見られます。

 

グリーンウッドは開幕から先発を続け、3試合連続ゴールを決めるなど、好調を見せています。

 

スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッド最新予想フォーメーション①


4-2-3-1

スールシャール監督が就任以降、殆どの試合で、この4-2-3-1のシステムが採用されています。

ユナイテッドの武器の一つがカウンター攻撃であり、グリーンウッドやラッシュフォードのスピードを活かし、

手数を掛けず一気に前線へとボールを運び、相手の陣形が整う前に攻撃を行います。

 

この要因として、マグワイア、リンデロフ、ショー、ポグバ、ブルーノなど、

フィードやロングパスにストロングポイントを持つ選手が多く在籍しているため、精度の高いカウンター攻撃を可能としています。

 

ボール保持時は、ブルーノ・フェルナンデスがゲームをコントロールしながら、両SBが高い位置を取り、

サイドに厚みを加えながら、相手ゴールへと迫っていきます。

 

現状、懸念材料となるのがポグバのボランチ起用になります。

攻撃面では持ち味のフィジカルの強さでボールをキープし、アイデアあるプレーからチャンスメイクをすることが出来ますが、

守備時に対応が遅れることで、不用意なファールを起こしてしまうシーンが見られます。

 

また、同じ左サイドにロナウドが起用される可能性が高く、守備の強度が低下することや、

本来、スールシャール監督が求める連動したプレスが行えない可能性があります。

 

昨シーズンも、最前線のカバーニが積極的にプレスを仕掛けますが、後ろが連動して着いて行けず、効果的なプレスが行えない試合がありました。

 

ロナウドという絶対的な選手と、これまで築いてきた戦術がどのように融合するのか見所になります。

 

マンチェスターユナイテッド最新予想フォーメーション➁


4-3-3

プレシーズンマッチで4-3-3のシステムを試運転していたことや、

今夏の移籍市場でアンカータイプのMF獲得も視野に入れていたことから、

オプションの一つとして、採用される可能性があります。

しかし、現状ユナイテッドの選手でアンカーの位置でプレー出来る選手がマティッチのみであるため、あくまでもオプションの一つになると考えられます。

 

ダブルトップ下のような、インサイドハーフを用いることで、ブルーノ・フェルナンデスは勿論、

ポグバ、ファン・デ・ベーク、マクトミネイ、フレッジもこの位置でのプレーすることが出来るため、

様々な組み合わせで攻守に違いを生み出すことが出来ます。

 

一方で、このシステムは付け焼刃で運用するには難しいシステムであり、

選手間の距離や、守備時の決め事など、入念に擦り合わせる必要があります。

ユナイテッドはSBも高い位置を取り、積極的に攻撃参加することや、攻撃に特徴を持つ選手が多いため、

アンカーの脇を狙われる事が想定され、ベテランとなったマティッチへの負担が大きくなってしまうのがデメリットとなります。

 

スールシャール監督は、4-2-3-1に固執していることも戦術に幅が取れていない要因の一つにもなっているため、

長いシーズンを戦う上で、オプションが欲しいところとなっています。

 

マンチェスターユナイテッド最新予想フォーメーション③


3-4-1-2(5-2-1-2)

ヴァランの獲得によって、主力級のCBが3人いることから、オプションの一つとして3バックを採用する可能性もあります。

 

チャンピオンズリーグなどを戦う上でも、相手に合わせた戦術を取ることが理想的であり、

昨シーズンのパリ・サンジェルマン戦では3CBを採用し、5バックのラインで守り、勝利を掴みました。

 

この試合では、DFラインはあまり高い位置を取らず、低い位置で守ることで裏のスペースを消し、構える形となりました。

トップ下に位置するブルーノ・フェルナンデスはポジションに固執せず、フリーでボールを受けられるポジションを取り、

味方がボール奪取した際には、ブルーノへと預け、素早いカウンターを仕掛けます。

 

今シーズンは、前線に今夏に獲得したロナウドがターゲットとなることや、

裏に抜け出すプレーを得意としているグリーンウッドやラッシュフォードと組み、より相手に脅威を与えられると予想されます。

 

ロナウド自身も、近年のプレースタイルから、ウイングよりも、

2トップの一角としてプレーさせることでより真価を発揮すると見られ、

ロナウドを扱う上で、効果的なフォーメーションになる可能性があります。

 

マンチェスターユナイテッド2021-22開幕戦スタメン・フォーメーション


4-2-3-1

リーズ・ユナイテッド戦
結果:5-1

 

昨シーズンの同対戦カードでは、6-2でユナイテッドが大勝した試合と、0-0のスコアレスドローという試合結果となっています。

 

この試合でのユナイテッドは、移籍がまだ実現していなかったことや、獲得した選手の合流が間に合わず、昨シーズンを戦ったメンバーを中心に挑みました。

 

一方のリーズ・ユナイテッドは、

基本的にマンマークディフェンスで相手に自由を与えず、ミスやパスカットを狙い、カウンターを仕掛けていく戦術を取りました。

 

ユナイテッド側は、メンバーが変わらなかったこともあり、昨シーズンを戦った戦術に大きな変化はありませんでしたが、

マンマーク気味の戦術を取ったリーズに対して、両SBがワイドに開き、高い位置を取ることでリーズの選手間を開き、

ハーフスペースを有効に使いながら、ワンタッチでのパスを展開し、相手のマークを剥がす攻撃がハマりました。

 

リーズ側が試合途中で守備に特化した戦術変更を行わず、自分たちのスタイルを貫いたことも、大勝という結果の要因にもなっています。

 

この試合では、

ポグバの4アシスト、ブルーノのハットトリックが決まり、個のレベルの高さも見せつけました。

 

スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッド新加入注目選手の紹介(2021夏移籍・獲得選手)

ジェイドン・サンチョ

 

移籍元:ボルシア・ドルトムント
移籍金:8500万ユーロ(約112億円)
年俸:週給35万ポンド(年俸換算:約28億円)
契約年数:5年

国籍:イングランド、トリニダード・トバゴ
身長:180cm
体重:76kg
利き足:右
背番号:25(2021-22)
ポジション:WG

 

ジェイドン・サンチョは、

マンチェスター・シティのユースチームで活躍後、17歳でボルシア・ドルトムントへと完全移籍を果たします。

17歳ながらレギュラーの座を掴み、ユナイテッドへの移籍までの4年間で、

公式戦137試合に出場し、50ゴール44アシストを記録しました。

 

イングランド代表でもコンスタントに出場し、21歳ながら既に22試合に出場しています。

 

サンチョは右ウイングを本職としていますが、状況に応じて左でもプレーすることが出来ます。

特出すべきは足元の技術であり、テクニックを駆使したドリブルでボールを前線へ運べることや、

スピードに乗ったまま相手を交わす技術を持ち、カットインからのシュートやクロスで攻撃の起点になることが出来ます。

 

また、得点だけではなく、アシスト数も多く、両足から精度の高いボールを配球することができるため、チャンスメイカーとしても存在感を見せます。

 

このため、ブルーノ・フェルナンデス依存を解消する選手の一人として、期待が掛かります。

 

スポンサーリンク

ラファエル・ヴァラン

 

移籍元:レアル・マドリード
移籍金:4100万ポンド(約63億円)
年俸:週給34万ポンド(年俸換算:約27億円)
契約年数:4年

国籍:フランス
身長:191cm
体重:78kg
利き足:右
背番号:19(2021-22)
ポジション:CB

 

母国のランスから18歳の時にレアル・マドリードに移籍すると、これまで約10年間プレーし、公式戦360試合に出場しました。

 

28歳となり、選手として脂が乗った状態でユナイテッドへと加入し、昨シーズンまでの課題点となっていたCBの補強に成功しました。

 

ヴァランの最大の特徴は、足の速さにあります。

カウンター戦術が多様化されている現代サッカーにおいて、自身のスピードを活かし、

簡単に裏に抜けさせない技術を持ち、相手選手にも置き去りにされずに対応することが出来ます。

 

また、そのスピードからカバーエリアも広く、最終ラインからチームを助けます。

191cmという恵まれた長身から、空中戦にも強く、的確な予測からボール奪取技術も高く、CBとして大きな穴がない選手です。

 

レアル・マドリードではセルヒオ・ラモスというディフェンスリーダーと組むことで、より真価を発揮した選手で、

ユナイテッドではリーダーとなるマグワイアがいるため、相乗効果に期待が掛かります。

 

クリスティアーノ・ロナウド

 

移籍元:ユヴェントス
移籍金:1500万ユーロ+ボーナス800万ユーロ(約19億円+ボーナス約10億円)
年俸:週給38万ポンド(年俸換算:約30億円)
契約年数:2年

国籍:ポルトガル
身長:189cm
体重:85kg
利き足:右
背番号:7(2021-22)
ポジション:WG

 

マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、ユヴェントスと幾つものビッグクラブで存在感を見せ、

サッカー界のアイコンとして君臨してきたロナウドですが、今夏の移籍市場で約12年ぶりにユナイテッドへと復帰を果たしました。

 

2003年から2009年までを過ごした

前ユナイテッド時代は公式戦292試合に出場し、118ゴール69アシストを記録

2009年から2018年までを過ごした

レアル・マドリード時代は公式戦438試合に出場し、450ゴール132アシストを記録

2018年から2021年までを過ごした

ユヴェントス時代は公式戦134試合に出場し、101ゴール22アシストを記録

 

このように、どのクラブでも結果を残し続ける強靭なメンタルと、大きな怪我をしないことが強みで、所属するクラブに大きな影響を与えます。

 

サー・アレックス・ファーガソン監督に導かれ、ユナイテッドでブレイクした頃のロナウドは、

まさにウインガーという選手で、ドリブルは勿論、カットインからのシュートやスペースに飛び込むプレーを見せていました。

 

近年はプレースタイルを変え、より得点を取ることに特化しています。

状況を見ながらボールを受けに降りてきて、ゲームメイクに参加することもありますが、基本的には前線で構え、

常に相手に脅威となるポジションを取りながら、味方からのチャンスボールに合わせる機会を伺います。

 

また、ゴール前では冷静な判断が出来るため、味方を使うことでアシストも多く取れる選手です。

 

既にロナウドのユニフォームはプレミアリーグトップの売り上げを誇り、現地でも期待度の高さが伺えます。

その期待に応えるプレーを見せてくれるのか、注目が集まります。

 

スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッド2021-22シーズンの展望

ユナイテッドは開幕戦のリーズ戦で5-1で快勝し、昨シーズンまでのメンバーを中心に好スタートを切れました。

開幕後、今夏に獲得したラファエル・ヴァランとクリスティアーノ・ロナウドが合流し、本格的なチーム作りはこれからになります。

 

サンチョとヴァランの補強によって、昨シーズンまでの問題点であったCBとウイングの層の薄さが改善されたことや、

直近のイングランド代表でも好調を見せているジェシー・リンガードが残留し、戦力として計算出来る可能性が高くなっています。

 

ユナイテッドとしては、10月の第7節から、11月の第14節までの試合が前半戦の山場となっていて、

エヴァートン、レスター、リヴァプール、トッテナム、マンチェスター・シティ、ワトフォード、チェルシー、アーセナルと、強豪との対戦が続きます。

 

このため、9月第4節から続く、

ニューカッスル、ウエストハム、アストン・ヴィラとのリーグ3連戦と、

並行して行われるチャンピオンズリーグでチームの形を作る必要があります。

 

チャンピオンズリーグでは、ビジャレアル、アタランタ、ヤング・ボーイズと同組に入り、

曲者が多いものの、死のグループは回避し、グループステージ突破が期待されます。

 

今シーズンの展望としては、

昨シーズンまでのユナイテッドは、組織的な攻撃を仕掛けてくるチームには、持ち味であるプレスからのカウンターがハマり、強さを見せていましたが、

引いてブロックを作るチームをなかなか崩すことが出来ず、カウンターから失点する試合がありました。

 

今シーズンは、前線でターゲットになるロナウドがいることや、

ブルーノの他に違いを作れるサンチョがいるため、引いた相手への戦い方に期待が高まります。

 

また、クラブとしても、

大型補強を行い、スールシャール政権も4年目になることから、タイトル獲得が義務になると言えます。

 

前モウリーニョ政権の2016-17シーズンのEFLカップとヨーロッパリーグ優勝以来、タイトル獲得から遠ざかっているユナイテッドですが、

今シーズンこそ、名実ともに名門復活の足掛かりとなるタイトル獲得に、サポーターは大いに期待するシーズンとなります。

 

スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッド2021夏移籍情報(加入・退団)

IN
ティム・ヒートン(GK)
移籍元:アストン・ヴィラ
移籍金:フリー(0円)
年俸:不明
契約年数:2年

ジェイドン・サンチョ(FW)
移籍元:ボルシア・ドルトムント
移籍金:8500万ユーロ(約112億円)
年俸:週給35万ポンド(年俸換算:約28億円)
契約年数:5年

ラファエル・ヴァラン(DF)
移籍元:レアル・マドリード
移籍金:4100万ポンド(約63億円)
年俸:週給34万ポンド(年俸換算:約27億円)
契約年数:4年

クリスティアーノ・ロナウド(FW)
移籍元:ユヴェントス
移籍金:1500万ユーロ+ボーナス800万ユーロ(約19億円+ボーナス約10億円)
年俸:週給38万ポンド(年俸換算:約30億円)
契約年数:2年
(一部報道では週給51万ポンドとありますが、契約時に減俸に合意しています)

OUT
セルヒオ・ロメロ(GK)
移籍先:無所属
移籍金:契約満了(0円)
年俸:(※260万ポンド(約4億円))
契約年数:

ブランドン・ウィリアムズ(DF)
移籍先:ノリッジ・シティ
移籍金:ローン移籍(0円)
年俸:不明(※340万ポンド(約5億2000万円))
契約年数:1年

ダニエル・ジェームズ(FW)
移籍先:リーズ・ユナイテッド
移籍金:2500万ポンド(約39億円)
年俸:不明(※230万ポンド(約3億5000万円))
契約年数:5年

アンドレアス・ペレイラ(MF)
移籍先:フラメンゴ
移籍金:ローン移籍(0円)
年俸:不明(※52万ポンド(8000万円))
契約年数:1年

ファクンド・ペリストリ(FW)
移籍先:アラベス
移籍金:ローン移籍+1年延長(0円)
年俸:不明
契約年数:1年

アクセル・トゥアンゼベ(DF)
移籍先:アストン・ヴィラ
移籍金:ローン移籍(0円)
年俸:不明(※260万ポンド(約4億円))
契約年数:1年

※はユナイテッドで受け取っていたとされる推定年俸

 

スポンサーリンク

まとめ

マンチェスターユナイテッドの最新スタメン予想とフォーメーション、新加入した注目選手、そして2021-22シーズンの展望についてご紹介しました。

就任4年目となるスールシャール監督としても、今シーズンの成績が長期政権を築けるかのポイントでもあると見られ、

望まれていた大型補強と、クリスティアーノ・ロナウドの復帰が実現したことにより、

今シーズンのユナイテッドはサポーターのみならず、日本・そして世界中のサッカーファンからこれまで以上の注目を集まるチームとなりました。

今季、プレミアはもとより、欧州の舞台でどこまで結果を残してくれるか、マンチェスターユナイテッドの飛躍的に期待が高まります(^^)/

 

>>【9/11(土)第4節:C・ロナウドのマンU復帰デビュー戦か!】マンチェスターユナイテッドvsニューカッスルの無料放送をネット中継で視聴する方法!見逃し配信も!【2021-22プレミアリーグ第4節】

 

>>【無料視聴可・LIVE&見逃し配信】プレミアリーグ2021-22・マンチェスターユナイテッドの試合はDAZN独占!1か月の無料トライアルはこちらから

>>【プレミアリーグ2021-22中継はDAZN独占!】そのDAZNを徹底評価!悪い評判は本当?94名の感想と口コミまとめ!【2021年最新】

>>【関連】プレミアリーグ人気クラブビッグ6の特徴とチームの愛称は?【2021-22シーズン版】

 

スポンサーリンク