【マンチェスターユナイテッド2019-2020】移籍の噂とメンバー・フォーメーション予想!

【マンチェスターユナイテッド2019-2020】移籍の噂とメンバー・フォーメーション予想!

こんにちは!

プレミアリーグ2018-2019シーズンを6位で終え、来季のチャンピオンズリーグ出場権を逃したマンチェスターユナイテッド。

シーズン途中でモウリーニョが解禁されクラブOBのスールシャールが就任し、一時期は持ち直したかに見えましたが、その勢いは長く続きませんでした。

主力選手にも移籍の噂が絶えません。2019-20シーズンのマンチェスターユナイテッドはどうなってしまうのか、

移籍の噂から、来季のフォーメーションを徹底予想していきたいと思います。

【マンチェスターユナイテッド2019-2020】移籍の噂とメンバー・フォーメーション予想!

2018-2019シーズンのマンチェスターユナイテッド戦いぶりを各コンペティション毎に簡単に振り返っていきたいと思います。

マンチェスターユナイテッドのプレミアリーグ2018-2019

最終成績は19勝9分10敗の6位、65得点54失点でシーズンを終えました。

2017-2018シーズンが25勝6分7敗、68得点28失点の2位だったことをことを考えるととかなり苦戦したシーズンといえます。

失点が多く、昨シーズンから倍近くに増えています。

17節のリヴァプール戦の敗戦後にモウリーニョが解任され、クラブOBのスールシャールが就任した後は12試合負けなしと持ち直したかに見えましたが

その勢いは長く続かず、アーセナル、マンチェスターシティ、エバートンといった難敵だけでなくカーディフにも破れてしまいました。

そして気になるのは対ビッグ6の戦績です。

1勝4分5敗とほとんど勝てていません。

特に同じマンチェスターを本拠地とするシティにはダブルを喰らわせらるという苦しい結果になってしまいました。

マンチェスターユナイテッドのFAカップ2018-2019

ユナイテッドは3回戦から登場。

初戦となったレディング戦で勝利で勝利を収めると、続く4回戦ではアーセナルに勝利。

5回戦では前年度王者のチェルシーと対戦しました。

前半からエレーラとポグバのゴールでリードを奪いそのまま勝利。

リーグ戦ではビッグ6になかなか勝てない試合が多かったですがFAカップでは両者に勝利。

準々決勝に駒を進めます。

準々決勝の相手はリヴァプールを破ったウォルバーハンプトン。

序盤から苦しい戦いを強いられ後半70分と76分に続けて失点。

終了間際にラッシュフォードのゴールで1点を返すもそれまで。

準決勝進出はなりませんでした。

マンチェスターユナイテッドの欧州チャンピオンズリーグ2018-2019

マンチェスターユナイテッドはグループH。

イタリアのユベントス、スペインのバレンシア、スイスのヤングボーイズが所属する厳しいグループに入ってしまいました。

ただ強豪ユベントスに1勝1敗と健闘しグループ2位で決勝トーナメント進出を果たします。

決勝トーナメント1回戦の相手はパリサンジェルマン。

下馬評では不利と目されていたユナイテッドは1stレグのホーム戦を0-2で落としてしまい窮地に陥りますが、続く2ndレグでは3-1で勝利。

大逆転でベスト8に駒を進めました。

スールシャールが就任してからのりに乗っていたユナイテッドでしたがベスト8のバルセロナ戦では守護神・デヘアのファンブルなどもあり

2試合とも完敗。

ベスト8で姿を消します。

スポンサーリンク

マンチェスターユナイテッド2019-2020シーズン移籍の噂とメンバー予想

IN:ワンビサカ、ジェームズ、ブルーノフェルナンデス

OUT:エレーラ、バレンシア

まずユナイテッドの補強ポイントはセンターバックです。

昨シーズンの失点の多さは中盤のポグバの怠慢な守備にも原因がありますが、センターバックが守りきれないことも大きな理由です。

しかし、デリフトやフンメルス、ボアテングなどがユナイテッドのオファーを断っており、

市場に出ている一流のセンターバックでユナイテッドにきてくれそうな選手がおらず、

2019-2020シーズンもスモーリング、ジョーンズ、リンデロフ、バイリーなどで回していくことが十分に考えられます。

右サイドバックのワンビサカはトップクラスの守備力、対人の強さを誇りユナイテッド移籍が確実視されています。

ジェームズはすでに加入が発表されており、爆発的なスピードを持つアタッカーですが即戦力というより未来への投資面が強いです。

退団はエレーラとバレンシア。

バレンシアは伝統の7番を背負っていたころはサイドアタッカーでしたが、背番号を変更しポジションを下げユナイテッドを支えたベテランです。

エレーラはポグバなどの守備意識の低い選手のバランスをとってチームに安定感をもたらす選手でしたが、退団が決定。

パリサンジェルマンへの移籍が有力視されています。

チームバランスを考える上でエレーラの退団は相当な痛手です。

マンチェスターユナイテッド2019-2020のフォーメーション予想

以上のことを踏まえ移籍予想選手が全員ユナイテッドに来たと仮定してフォーメーションを組むと

GKは絶対的守護神のデヘア

最終ラインは右サイドからワンビサカ、スモーリング、リンデロフ、ショー。

中盤はマティッチ、マクトミネイ、ポグバ、リンガード

ルカク、ラッシュフォードの2トップを予想します。

スポンサーリンク

まとめ

リーグ戦では6位、FAカップは準々決勝敗退、チャンピオンズリーグはベスト8と煮え切らないシーズンを送ったマンチェスターユナイテッド。

補強も順調に進んでいるとはいい難く、特に急務であるはずのセンターバックの補強はなしになるかもしれない事態です。

とはいえここから先さらに主力の退団や即戦力の補強の話が出てくるかもしれません。

まだ移籍市場は始まったばかり。

新生マンチェスターユナイテッドがどんな形になるか目が離せません!

スポンサーリンク