マンチェスターユナイテッド2020-21最新フォーメーションと戦術!注目選手・監督もご紹介!

マンチェスターユナイテッド2020-21最新フォーメーションと戦術!注目選手・監督もご紹介!

こんにちは!

全38節で行われるプレミアリーグも折り返し時点を過ぎ、後半戦に入って来ました。

首位のマンチェスター・Cを追いかけるマンチェスター・ユナイテッド

日本時間2月28日に行われたチェルシー戦に引き分けて、

26節終了時点で首位と12ポイント差の2位に付けています。

アレックス・ファーガソン監督のラストシーズンで香川真司選手も所属していた、

2012-13シーズン以来のリーグ優勝を目指して熱い戦いを繰り広げています。

プレミアリーグ制覇を狙うマンチェスター・ユナイテッドが今シーズンどのような戦いをしているのか、

この記事でマンチェスター・ユナイテッドがどんなチームなのか、

最新フォーメーションと戦術・強い理由・注目選手・監督についてまとめてみました!

 

>>【関連】FAカップ2020-21の決勝はいつ?放送日程と無料ネット中継の視聴方法はこちら!

 

 

マンチェスター・ユナイテッド2020-21最新フォーメーションと戦術!注目選手・監督もご紹介!

マンチェスター・ユナイテッド2020-21最新フォーメーション

マンチェスターユナイテッド フォーメーション

マンチェスター・ユナイテッドの基本フォーメーションは4-2-3-1です。

GK デ・ヘア

 

DF ルーク・ショー、マグワイア、リンデロフ、ワン=ビサカ

 

MF フレッジ、マクトミネイ、ラッシュフォード、B・フェルナンデス、グリーンウッド

 

FW カバーニ

 

ここまでマンチェスター・ユナイテッドは、26試合で53得点・32失点という攻守ともに安定した成績を残しています。

DFラインはほとんど固定されており、サイドバックの2人は攻撃でも守備でも安定したプレーを見せています。

チームの中心でキャプテンも務めているマグワイアはタフな守備が持ち味です。

中盤の底にはフレッジ、マクトミネイの他にも実績充分のポグバ、マティッチなども控えており選手層の厚さが伺えます。

 

そして何といっても今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドをここまで支えているのは

昨シーズンの冬に加入した、ブルーノ・フェルナンデスです。

トップ下の選手ながら今シーズンは、ここまでなんと15得点10アシストという圧倒的な成績を残してチームの中心と
なっています!

 

スポンサーリンク

マンチェスター・ユナイテッド2020-21戦術分析

このクラブを率いるスールシャール監督はマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任してから、

リヴァプールのクロップ監督やマンチェスター・シティのグアルディオラ監督のように特別な戦術を駆使していくような戦術ではなく、

個々の能力が高い選手達を活かすためのサッカーをしているように思えます。

 

その中でもチームの中心になっているブルーノ・フェルナンデスの動きを見てみると、時折ボールをもらうために低い位置まで降りていくことで

中盤の他の選手達にスペースを開けるためのおとりの動きをしてチャンスを作っています

 

守備面ではフレッジ、マクトミネイがまずはしっかりと相手の攻撃の芽を積んでいき、抜かれたとしても直ぐに屈強なセンターバック2人がカバーしていくという戦術を敷いています。

首位マンチェスターシティーにどこまで迫ることができるか、これからのマンチェスター・ユナイテッドの逆転劇に期待して見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

マンチェスター・ユナイテッド2020-21強さの理由

マンチェスター・ユナイテッドの今シーズンの強さの理由としては、

先程も書いたブルーノ・フェルナンデスというしっかりとした攻撃の核を手にしたことによって、

攻撃の形がはっきりしてきたという部分が大きくあると思います。

ここ数シーズン、ラッシュフォード、マルシャル、ポグバなどがチームの中心として攻撃を形成してきましたが、圧倒的な存在感というのは出せずにいました。

しかし、ブルーノ・フェルナンデスが加入してからは、彼がボールを持てば何か生まれるという

チームの共通認識が生まれて他の選手の動き出しも良くなり、

ここまでリーグ2位の得点数という結果に繋がっています!

 

マンチェスター・ユナイテッド注目選手

現在所属する選手の中から、注目選手をピックアップしました。

どの選手も魅力的な選手です(^^)/

ブルーノ・フェルナンデス

まず1人目はやはり、

ブルーノ・フェルナンデス選手です。

昨シーズンの冬にポルトガルのスポルティングから5500万ユーロ、日本円で約66億円という移籍金で獲得された選手です。

正直なところポルトガル代表では見たことがありましたが、スポルティングの試合はあまり見る機会もなく、

この移籍金に見合う選手なのか?という思いを持ったファンも多かったと思います。

 

しかしそんな不安を吹き飛ばすように、

ブルーノ・フェルナンデスは、冬に加入したのにもかかわらず

14試合で8得点を挙げる活躍を見せて次のシーズンへの期待を膨らませてくれました。

 

そして迎えた今シーズンも圧倒的な活躍を見せつけて、

ここまで15ゴール、10アシストと結果を残し続けています!!

特徴としてはピッチ全体が見えているかのような視野の広さを持っています

 

さらに局面に応じて低い位置に降りたり、サイドに開いたりすることで仲間を活かすことも考えていることがこのアシストの多さにも繋がっています。

もはやブルーノ・フェルナンデスの調子がマンチェスター・ユナイテッドの勝敗を左右すると言っても過言ではないぐらいの選手になってきているので、

これからのさらなる活躍に期待していきましょう!

 

スポンサーリンク

マーカス・ラッシュフォード

2人目はマーカス・ラッシュフォード選手です。

ラッシュフォードは18歳でトップチームデビューし、そのデビュー戦で得点を挙げ、若くして世界にその名を知らしめました。

その後もマンチェスター・ユナイテッドの主力として活躍を見せて、18-19シーズンからはマンチェスター・ユナイテッドの10番を背負っています。

プレースタイルはやはり圧倒的なスピードを生かしてのドリブル突破です。

さらに得点能力も年々進化してきており、相手のキーパーを吹き飛ばす程のパワーのあるシュートを持っています!

 

そしてラッシュフォードのもう一つの魅力として人間性があります。

昨年の6月に自らが貧困家庭で育ち無料給食の恩恵を受けた経験を踏まえ、その無料給食を夏休み中も継続を求めて
全下院議員宛ての公開書簡を公表しました。

この呼び掛けによって政治家を動かしてメディアでも大きく取り上げられ、政府は方針転換に踏み切りました。

イギリスのジョンソン首相は記者会見で、ラッシュフォードと直接電話したというエピソードを語っています。

ラッシュフォード自身はこれまでプレミアリーグ制覇を経験したことから、優勝にかける想いは人一倍強いはずなので是非活躍を見せて欲しいですね!

 

スポンサーリンク

ハリー・マグワイア

3人目はマンチェスター・ユナイテッドの守備の要であるハリー・マグワイア選手です。

 

マグワイアはハルシティでプレミアリーグの舞台に立ち、活躍が認められて2017年にレスター・シティに移籍。

さらにレスター・シティでも中心選手として活躍しイングランド代表にも呼ばれるようになります。

そして2019年に移籍金DF史上最高金額となる8000万ポンド(約108億円)でマンチェスター・ユナイテッドへ移籍しました。

現在はマンチェスター・ユナイテッドの伝統あるキャプテンとしてチームを引っ張っています。

マグワイア選手のプレースタイルとしては、まず194㎝の長身を生かした空中戦の強さがプレミアリーグの中でも屈指のものがあります。

さらに体格にそぐわない足元の巧さがあり、現在のセンターバックに必要なビルドアップ能力に長けていて好機を見つけるとスルスルと前線へボールを持ち運んでいくこともあります。

このように年々威圧感を増すマグワイア選手の活躍がマンチェスター・ユナイテッドの守備を支えています。

今後の活躍がますます楽しみです(^^)/

 

スポンサーリンク

マンチェスター・ユナイテッド監督

オーレ・グーナー・スールシャール

スールシャール監督はノルウェー出身の48歳です。

現役時代は1996年から2007年という長きに渡ってマンチェスター・ユナイテッドのFWとして活躍を見せました。

そんなスールシャール監督の記憶に残るゴールと言えば、

1999年のチャンピオンズリーグ決勝でバイエルン・ミュンヘン相手に

ロスタイムでの決勝ゴールを決めてマンチェスター・ユナイテッドを優勝に導きました!!

 

引退後はマンチェスター・ユナイテッドのリザーブ監督を務めたのち、古巣の地元クラブであるモルデFKの監督に就任しチームをリーグ初優勝に導きました。

その後2014年にカーディフ・シティの監督に就任しますが、ここでは2部への降格なども経験し結果を出すことは出来ませんでした。

2015年には再びモルデFKの監督に就任し、2018年末にモウリーニョ監督に代わり古巣マンチェスター・ユナイテッドの監督に就任しました。

しかし、就任後は結果を思うように出すことが出来ずに何度も解任論が出ることもありましたが、

今シーズンはチームを立て直してここまで2位という順位に付けおり

優勝経験豊富なスールシャール監督の下で久々のプレミアリーグ制覇を成し遂げてほしいですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

第26節終了時点でプレミアリーグ2位に位置しており、12-13シーズンぶりの優勝を狙うマンチェスター・ユナイテッドについて、最新フォーメーションと戦術、強さの理由や注目選手、監督についてご紹介しました。

ファーガソン監督が退任して以降の優勝を目指すマンチェスター・ユナイテッドの復活に期待して今シーズンの残り試合も見ていきましょう!

 

スポンサーリンク