バイエルンミュンヘン2020-21最新フォーメーションと戦術まとめ!注目選手メンバーもご紹介!

バイエルンミュンヘン2020-21最新フォーメーションと戦術まとめ!注目選手メンバーもご紹介!

こんにちは!

バイエルンミュンヘンといえば、ドイツブンデスリーガを代表するチームであり、毎年UEFAチャンピオンズリーグでは上位の戦績を収めている強豪チームです。

サッカーをしている人やサッカーファンからすると知らない人はまずいないチームといっても過言ではないでしょう。

昨季2020年8月に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝では、バイエルンミュンヘンがパリ・ソンジェルマンを1対0で下し、6度目の欧州王者となりました。

11試合43得点8失点全勝で優勝し圧倒的な力の差を見せつけました。

そんな、強豪チームのバイエルンミュンヘンは、今シーズンどんなコンセプトや戦績で戦っているのでしょうか。

戦術分析やフォーメーション、監督情報、注目メンバーを紹介したいと思います。

■関連記事

欧州代表として、2021年2月にFIFAクラブワールドカップ(CWC)2020に参戦(^^)/
>>クラブワールドカップ2020のテレビ放送・ネット配信は?出場チーム・日程・組み合わせもこちら!

 

バイエルンミュンヘン2020-21最新フォーメーションと戦術まとめ!注目選手メンバーもご紹介!

バイエルンミュンヘン2020-21最新フォーメーション

バイエルンミュンヘンフォーメーション

直近2020年12月20日レバークーゼンとの試合において、フォーメーションは4-2-3-1でした。

DF4枚、ボランチ2枚、MF3枚、FW1枚という、一見すると守備を強化したフォーメーションに見えます。

しかしながら、戦局に応じてMF両サイドの2枚が攻撃サイド・守備サイド両方に動くことで、

攻守バランスの良いフォーメーションになります。

このフォーメーションは、攻撃に対する厚みは少なくなる反面、敵からの攻撃をカウンターに持ち込みやすいという特徴もあります。

各選手とポジションは以下の通りです。

 

GK M.ノイヤー

DF右から N.ズーレ、J.ボアテング、L.エルナンデズ、A.デイビス

ボランチ右から、C.トリッソ、D.アラバ

MF右から、K・コマン、T・ミュラー、S・ニャブリ

FW R.レバンドフスキ

FWのレバンドフスキ、MFのニャブリ、ミュラーをはじめ

全体的に得点力が高い選手がそろっているからこそできるチームの特徴に合わせたフォーメーションといえそうです。

 

スポンサーリンク

バイエルンミュンヘン2020-21戦術分析

バイエルンミュンヘンの戦術は、主に攻撃的なサッカーが中心となります。

決定力のある強力なFWのレバンドフスキをはじめMFも積極的に攻めていきます。

中でも、攻撃の主軸となるのが、センターサークルを経由しないサイドエリアからの攻撃です。

中央回避戦法ともいわれます。

センターは攻めるためのエリアとしてではなく、ボールを奪うためのエリアに位置付けています。

センターでボールを確保したあとは、必ずサイドから攻めています。

 

スポンサーリンク

バイエルンミュンヘン2020-21監督情報(経歴・戦績・特徴)

ハンシュ=ディーターフリック

現監督のハンシュ=ディーターフリックは、ドイツハイデルベルク出身の元サッカー選手であり、現役時代のポジションはMFでした。

彼は、ボールをもってフィールドを支配する攻撃的なサッカービルドアップで試合を組み立てることを重要視しています。

レッドブル・ザルツブルク監督を経て、ドイツ代表で8年間アシストタントコーチを務めました。

2014年からはドイツサッカー連盟のスポーツディレクターに就任しており、一時監督の立場から遠のきます。

2019年バイエルンミュンヘンのアシスタントコーチに復帰し、その年に前監督の退任により、仮監督に昇格します。

その後、監督就任後の戦績が評価され2019年11月に正式な監督に就任しました。

シーズン途中の2019年11月にバイエルンミュンヘンの監督に就任してからは、現時点までで圧倒的な勝率です。

2021年1月3日段階での、勝率は以下の通りでした。

試合数 引分け 得点 失点 勝率
59 51 5 3 182 53 129 86.44

 

勝率は90%越えから86.44%と以前より下がり気味ではありますが、就任後1年経過して計59試合を経てもなお、高い勝率を維持しています。

このことからも、彼の監督としての手腕が見て取れます。

 

スポンサーリンク

バイエルンミュンヘン2020-21注目選手・メンバー

リロイ・ザネ

 

裏への抜け出しがよく、カウンターでしっかり走れる選手です。

自身がシュートを決めるときもあれば、ゴール前まで持ち込み相手にパスし、確実に点を決められるように導く判断力も持ち合わせています。

 

ロベルト・レバンドフスキ

今季チャンピオンズリーグでも17得点を決め、現状個人得点ランキング1位を保持しています。

味方のクロスに合わせたヘディングが別格に上手いです。

決定力が高く、ゴール前で見方からボールを受けてテンポよく2ステップくらいで敵のディフェンスを交わしてシュートに持ち込み、

ボールを少ないタッチ数でシュートを決めることが得意な選手です。

ジャマル・ムシアラ

17歳という若さで強豪チームの仲間入りを果たし、

イングランドとドイツの両方の国籍を持つ、期待の若手とされています。

とにかくミドルシュートが上手く、中盤のペナルティエリア付近でボールを受けてそこから放つシュートが秀逸です。

セルジュ・ニャブリ

戦術の攻めの要となるサイドラインのポジションで、ゴール前でのシュートまで持ち込む力強さが目を引きます。

シュートの決定力も高い選手。左足からのシュートが強烈です。

 

スポンサーリンク

まとめ

ハンシュ=ディーターフリック監督の下で、アグレッシブなサッカーを展開している強豪チームバイエルンミュンヘンの戦術を解説しました。

今季の成績も昨季に引き続き順調です。

2021年1月3日時点、ドイツブンデスリーガでは勝ち点1差でRBライプツィヒに次ぐ暫定2位と上位につけています。

同じく、UEFAチャンピオンズグループリーグでは、勝ち点16の1位でグループリーグ突破してこれからの注目度も熱いです。

 

スポンサーリンク