パリサンジェルマン2022冬移籍情報!噂の獲得候補・狙っている選手や補強ポイントは?

パリサンジェルマン2022冬移籍情報!噂の獲得候補・狙っている選手や補強ポイントは?

こんにちは!

2021-2022シーズンのリーグ・アンは21節までが終了し、

各クラブが現在置かれている順位を踏まえ、この1月の移籍市場に向かいます。

今冬どのような補強をするのかによって一気に順位が上がるクラブもあり、

非常に重要な期間となっています。

そこで今回取り上げるパリ・サンジェルマンは、

第21節終了時点でリーグ・アンで首位(2位と勝ち点差11を付けている)に立っており、

2020-21シーズン優勝を逃して雪辱に燃えるシーズンを、順調に過ごすことが出来ています。

本記事では、パリ・サンジェルマン(PSG)の2022冬の移籍情報、

噂の獲得候補・狙っている選手や退団・放出候補の選手、そして補強ポイントについてまとめていきます。

 

>>【関連】パリサンジェルマン試合放送の視聴方法!リーグアン無料ネット配信動画もご紹介!

 

パリ・サンジェルマン2022冬移籍で獲得と噂の補強候補・狙っている選手

ポール・ポグバ(DMF,CMF)

 

2021シーズン所属:マンチェスター・ユナイテッド所属

移籍金:未定

市場評価額:約71億円

 

パリ・サンジェルマンの2022冬移籍での獲得候補1人目は、

ポール・ポグバ選手です。

 

ポグバ選手は身長191㎝、1993年生まれ28歳フランス出身のMF(DMF,CMF)です。

 

2009年にマンチェスター・ユナイテッドの下部組織

入団したポグバ選手は、2011年にトップデビュー。

 

この時点では戦力として数えられず2012年にユヴェントスに加入。

すると、ユベントスで一気に才能を開花させ、移籍初シーズンで27試合に出場し5ゴールを決め、

ユヴェントスのスクデット獲得に貢献しました。

 

その後ユベントスのチームの要としてプレーしますが、

2016年に古巣であるマンチェスター・ユナイテッドに高額の移籍金で復帰し、

現在までプレーしています。

 

ポグバ選手は相手にボールを取られない強靭なフィジカルを活かしたキープ力が特徴です。

相手選手が2人3人来ようが、そのキープ力を活かして簡単にプレスを場面をかいくぐります。

 

強烈なシュートも特徴で、相手GKが触れないような

鋭いコースへ強烈なミドルシュートを叩き込みます。

 

そんなポグバ選手ですが、今シーズン序盤は調子を取り戻していたものの、

ここ最近は怪我もあり、ほとんど欠場している状況から移籍の噂が絶えません。

有力なのは、かねてから興味を示しているレアル・マドリードか

フランスのクラブという部分でパリ・サンジェルマンも関心を示しているようです。

 

オーレリアン・チュアメニ(DMF、CMF)

 

2021シーズン所属:ASモナコ所属

移籍金:未定

市場評価額:約52億円

 

パリ・サンジェルマンの2022冬移籍での獲得候補2人目は、

オーレリアン・チュアメニ選手です。

 

チュアメニ選手は身長187㎝、2000年生まれ21歳フランス出身のMF(DMF)です。

 

フランスのボルドーの下部組織で育ったチュアメニ選手は、

2018年7月にボルドーでトップチームデビューを果たします。

その後、2020年1月に同じくリーグアンのASモナコへ移籍し、

現在までプレーしています。

 

また、チュアメニ選手は2021年8月にフランスA代表に選出され、

デビューも果たしています。

 

チュアメニ選手は、185cmの恵まれたフィジカルを武器にDMFとして

相手ボールの奪取を得意とする選手です。

 

若い選手とは思えないほど落ち着き払ったプレーで攻撃の芽を積むだけではなく、

そこから攻撃へと繋げることができる技術も持っており、

攻守に渡って貢献度が高い選手と言えます。

 

現在ヨーロッパの若手の中でも特に注目を集めているチュアメニ選手には、

国外からもレアル・マドリード、チェルシー、リバプールなどのビッククラブが

関心を示しています。

その中でパリ・サンジェルマンは同じリーグであることをメリットとして、

この逸材を確保することができるのか、注目が集まります。

 

ロメル・ルカク(CF)

 

2021シーズン所属:チェルシー所属

移籍金:未定

市場評価額:約130億円

 

パリ・サンジェルマンの2022冬移籍での獲得候補3人目は、

ロメル・ルカク選手です。

 

ルカク選手は身長191㎝、1993年生まれ28歳ベルギー出身のFW(CF)です。

 

2009年にベルギーのアンデルレヒトでプロデビューを果たしたルカク選手は、

このシーズン16歳でリーグ得点王に輝き、一気に注目を集めます。

 

その後2011年にプレミアリーグのチェルシーが5年契約で獲得。

しかしまだ若かったルカク選手は、チェルシーでなかなか出場機会を得ることができず、

2012年8月にウェスト・ブロムビッチへとレンタル移籍すると、

プレミアリーグで16ゴールを挙げる活躍を見せ、一気にブレイクを果たします。

 

翌2013年にはエヴァートンにレンタル移籍すると、ここでも得点を量産したルカク選手は

2014年にエヴァートンへ完全移籍を果たします。

 

その後2017年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍するも、

期待通りの活躍を見せれなかったルカク選手は

2019年に初のセリエA挑戦の場としてインテルへ移籍。

ここで再び復活したルカク選手は2020-21シーズンにインテルのリーグ優勝を置き土産に、

2021-22シーズンから再び古巣チェルシーに移籍しました。

 

ルカク選手は身長191cm、体重100kg近くと圧倒的なフィジカルを活かして、

相手を背負ってのプレーや相手DFをなぎ倒すドリブル突破などのプレーが持ち味です。

さらにそれだけでなく、スピードや足元の技術も兼ね備える万能アタッカーです。

 

ルカク選手は夏に移籍したチェルシーでここ最近不満を示しているようで、

古巣インテルに戻りたいといった発言でトゥヘル監督と衝突がありました。

パリ・サンジェルマンとしてはムバッペ選手がもし出ていった場合の補強として、

ルカク選手に関心を示しているようです。

 

スポンサーリンク

ラヤン・アイト=ヌーリ(LB、LWB)

 

2021シーズン所属:ウルヴァー・ハンプトン所属

移籍金:未定

市場評価額:約19億円

 

パリ・サンジェルマンの2022冬移籍での獲得候補4人目は、

アイト=ヌーリ選手です。

 

アイト=ヌーリ選手は、身長179㎝、2001年生まれ20歳フランス出身のDF(LB,LWB)です。

 

2018年にフランスのアンジェで16歳の時にプロデビューを果たしたアイト=ヌーリ選手は、

2020年10月にプレミアリーグのウルヴァー・ハンプトンへとレンタル移籍。

そして2021年7月に正式にウルヴァー・ハンプトンへと完全移籍となり、

2021-22シーズンここまでチームの躍進を支える存在となっています。

 

アイト=ヌーリ選手の持ち味は推進力のあるドリブルです。

自身のスピードとテクニックを生かした突破はパワフルなものがあり、

チームの攻撃に厚みを持たせることが出来ます。

守備では対人守備の強さが持ち味で、今シーズンのリバプール戦では

あの絶好調のサラー選手を封じたことで話題になりました。

 

パリ・サンジェルマンにとって

現状左サイドバックは少し不安のあるポジションになっているので、

このフランス出身で若いアイト=ヌーリ選手には大きな関心を示しているようです。

 

ジョアン・パリーニャ(DMF)

 

2021シーズン所属:スポルティングCP所属

移籍金:未定

市場評価額:約33億円

 

パリ・サンジェルマンの2022冬移籍での獲得候補5人目は、

ジョアン・パリーニャ選手です。

 

パリーニャ選手は、身長190㎝、1995年生まれ26歳ポルトガル出身のMF(DMF)です。

 

スポルティングCPの下部組織からBチームでプレーしていたパリーニャ選手は、

その後ポルトガル国内でレンタル移籍を繰り返すと

2018年からSCブラガに2年間レンタル移籍し、そこで主力として活躍し成長を見せます。

 

スポルティングCPに戻った2020-21シーズンからは、

スタメンに定着しチームの2冠に貢献。

2021年3月にはその活躍からポルトガル代表に招集され、デビューを果たしています。

 

パリーニャ選手は

190cmの恵まれた体格を生かしてのボールハントが持ち味の守備的MFです。

さらに中盤の底から前線の味方へと的確にパスを散らせて、

攻撃の足掛かりを作ることもできます。

 

現在守備的MFのポジションで若い選手がいないパリ・サンジェルマンは、

この新進気鋭のパリーニャ選手を狙っているようでこの冬、獲得へ動く可能性があります。

 

パリ・サンジェルマン2022冬移籍で噂の退団・放出候補

キリアン・ムバッペ(LWG、CF)

 

市場評価額:約208億円

噂される移籍先:レアル・マドリード、バルセロナ

 

パリ・サンジェルマンの2022冬移籍での放出候補1人目は、

キリアン・ムバッペ選手です。

 

ムバッペ選手は、身長182㎝、1998年生まれ23歳フランス出身のFW(LWG,CF)です。

 

リーグアンのモナコで2015年に若干16歳でデビューしたムバッペ選手は、

2年目の2016-17シーズンにリーグ最優秀若手選手に選出され、

全世界から注目される存在となります。

 

そして、2017年の夏に、

同じくリーグアンのパリ・サンジェルマンがレンタル移籍で獲得し、

2018年には約1億8000万€(約236億円)という

10代では史上最高の移籍金額で完全移籍を果たします。

 

そのパリ・サンジェルマンでは

ムバッペ選手自身3シーズン連続の得点王を獲得し、

チームの3連覇に貢献するなど圧倒的な活躍を見せています。

 

さらにフランス代表では2018年のロシアW杯で優勝に導く活躍を見せるなど、

現在世界最高の選手の1人と言える選手です。

 

そんなムバッペ選手は、

攻撃の選手として必要な能力を全て兼ね備えており、

長所は全てと言える選手ですが、敢えて挙げるとすれば

やはり圧倒的なスピードを活かしたプレーが持ち味です。

 

さらにFWとしての得点力も年々上がってきており、

左右両足、頭とどこからでも得点を決めることが出来ます。

 

パリ・サンジェルマンとしては、

2022年の夏に契約が切れることになっているムバッペを

この1月に移籍金を得るために放出するか、夏まで放出せずにフリーで移籍となるのか。

あるいはは残留させるために新たな破格の契約を提示するのかと、

様々な予想や憶測がされるムバッペ選手の去就に引き続き注目です。

 

アブドゥ・ディアロ(CB)

 

市場評価額:約32億円

噂される移籍先:ACミラン

 

パリ・サンジェルマンの2022冬移籍での放出候補2人目は、

アブドゥ・ディアロ選手です。

 

ディアロ選手は、身長187㎝、1996年生まれ25歳フランス出身のDF(CB)です。

 

フランスの2014年にASモナコでトップチームデビューを果たしたディアロ選手は、

ASモナコではあまり出場機会を得ることができずに

2017年7月にドイツ・ブンデスリーガのマインツへ移籍となります。

 

マインツで初年度からレギュラーとして活躍したディアロ選手は、

2018年6月に強豪のボルシア・ドルトムントへ移籍し、さらにその1年後の

2019年7月に今度はフランスのパリ・サンジェルマンに移籍となり

今シーズンで3シーズン目を過ごしています。

 

DFラインで複数ポジションをこなすことができるディアロ選手ですが、

メインのポジションはセンターバックです。

 

プレースタイルとしては

フィジカルの強さを活かしてのタックルや接触プレーが持ち味で、

相手アタッカーに対して強い気持ちでぶつかって行くことができます。

 

ディアロ選手はここまで

パリ・サンジェルマンでレギュラーポジションを掴むことができておらず、

この冬の移籍市場でセンターバックに怪我人が相次いでいるACミランが興味を示しているようです。

 

ジョルジニオ・ワイナルドゥム(CMF)

 

市場評価額:約32億円

噂される移籍先:ニューカッスル、アーセナル

 

パリ・サンジェルマンの2022冬移籍での放出候補3人目は、

ジョルジニオ・ワイナルドゥム選手です。

 

ワイナルドゥム選手は、身長173㎝、199年生まれ31歳オランダ出身のMF(CM)です。

 

2007年にオランダの名門フェイエノールトで

若干16歳の若さでデビューを果たしたワイナルドゥム選手は、

その後PSVアイントフォーヘンに移籍し、オランダ国内で評価を上げた後、

2015年7月プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッドに移籍します。

 

プレミアリーグ1年目から順応したワイナルドゥム選手は、

リーグ戦11ゴールを決める活躍を見せるもチームは降格してしまいます。

 

それでも個人としての活躍を評価されたワイナルドゥム選手は、

2016年7月に名門リバプールへ移籍します。

リバプールでは目立った活躍をするわけではないものの、

チームを陰で支える役割を大きく果たし、

クロップ監督にとって欠かせないピースとしてリバプールのタイトル獲得に貢献しました。

 

リバプールとの契約満了となり、

2021-22シーズンからは新たにパリ・サンジェルマンに加入しました。

 

ワイナルドゥムの特徴は、

中盤の選手として周りのスペースを埋める動きが優れており、

リバプール時代にも両サイドバックが上がった際のカバーリングや、

センターバックの間でボールを受ける動きなど、派手ではありませんが、

チームにとっては非常に助かる仕事をしてくれる存在です。

 

そして機会を見ての攻撃参加にも優れており、

オランダ代表ではその得点力の高さを見せているので、

前線に積極的に飛び出していけるポジションで使えば得点に絡む仕事も期待できます

 

2021-22シーズンに加入したワイナルドゥム選手ですが、

ここまでリバプール時代のような活躍を見せることが出来ずに

この冬再びプレミアリーグに戻るのでは?と噂されています。

古巣であるニューカッスルや中盤が足りていないアーセナルなどが、関心を示していますが

ワイナルドゥム選手がどう決断するのか注目です。

 

スポンサーリンク

マウロ・イカルディ(CF)

 

市場評価額:約36億円

噂される移籍先:ユベントス、ACミラン、マンチェスター・ユナイテッド

 

パリ・サンジェルマンの2022冬移籍での放出候補4人目は、

マウロ・イカルディ選手です。

 

イカルディ選手は、身長181㎝、1993年生まれ28歳アルゼンチン出身のFW(CF)です。

 

2012年5月にイタリアのサンプドリアでプロデビューを果たしたイカルディ選手は、

初年度からいきなりチーム得点王に輝く活躍を見せます。

すると翌年2013年7月にインテルへ移籍を果たすと

直ぐにインテルのエースストライカーへ成長し、

2013-14、2017-18シーズンの2度得点王に輝く活躍を見せて

セリエAを代表する選手になりました。

 

しかし、2019年辺りからインテルと揉めたイカルディ選手は、

2019年9月にフランス・リーグアンのパリ・サンジェルマンへ期限付き移籍し、

2020年5月に完全移籍することとなります。

 

イカルディ選手は純粋なストライカーらしく最大の武器は決定力です。

組み立てのプレーにあまり関与せず、

常にボックス内でゴールを狙って勝負するタイプで

ボックス内でのプレー精度が非常に高く、

相手の視野から外れるポジショニングや一瞬のスペースを見逃さないなど

得点への嗅覚は見事なものがあります。

 

この冬の移籍市場でイタリア勢やマンチェスター・ユナイテッドが獲得に

興味を示しているとされるイカルディ選手ですが、

選手自身は残留を望んでいるようで、パリ・サンジェルマンの決断に注目が集まります。

 

レイヴァン・クルザワ(LSB)

 

市場評価額:約9億円

噂される移籍先:チェルシー

 

パリ・サンジェルマンの2022冬移籍での放出候補5人目は、

レイヴァン・クルザワ選手です。

 

クルザワ選手は、身長182㎝、1992年生まれ29歳フランス出身のDF(LSB)です。

 

ASモナコの下部組織から2010年にトップチームデビューしたクルザワ選手は、

2012-13シーズンのリーグ優勝に左サイドバックのスタメンとして貢献。

 

その後2015年8月に同じくリーグ・アンのパリ・サンジェルマンに完全移籍し、

現在までプレーしています。

 

クルザワ選手は

スタミナに定評があり、タッチライン際を何度も駆け上がる場面が多く見られます。

足元の技術を活かしてのビルドアップ能力や、ドリブルによる持ち運びも高いレベルで

見せることができ攻撃面で大きく貢献することができます。

 

そんなクルザワ選手ですが、ここ数シーズンは控えに甘んじており、

毎回移籍市場が開くと、移籍の噂が絶えません。

この冬の移籍市場では左サイドバックのレギュラーであるチルウェル選手が、

長期離脱となったチェルシーが期限付き移籍での獲得を目指しているようです。

 

スポンサーリンク

パリ・サンジェルマン2021-2022シーズン前半評価

2021-22シーズンパリ・サンジェルマンはここまで21試合を終えて、

15勝5分1敗(勝ち点50)とリーグ・アンで1位を快走しています。

 

そんなパリ・サンジェルマンの2021-22シーズン前半戦の評価ですが、

パリ・サンジェルマンで開幕から指揮を執る初年度となるポチェッティーノ監督の下、

リーグ・アンの中で圧倒的な戦力を上手く使いながら、個人能力を活かした戦いで、

連携面で苦戦しつつもしっかりと勝ちを重ねていく前半戦となっています。

 

昨季リールに優勝を奪われ、4連覇を逃してしまったパリ・サンジェルマンは

夏にメッシ、セルヒオ・ラモス、ドンナルンマ選手など大型補強を敢行して、

迎えた期待の大きな今シーズン。

 

いきなりUEFAチャンピオンズリーグの第1節でクラブ・ブルッヘ相手に引き分けるなど、

新戦力と既存戦力との連携不足が露呈して苦戦した序盤戦でしたが、

その後はしっかりと連携を構築して圧倒的な攻撃陣を活かすサッカーで

修正してきており、ここからさらに成長が期待できるチームになっています。

 

後半戦へ向けて改善すべき点となると、

やはり前線の3人がなかなか守備に参加する機会が少ないために

失点数は増えている傾向にあるため、

守備面について、前線の3人への負担を考えつつ改善していくことが大事になってくると思います。

 

そして、この1月の冬の移籍市場では、

エースであるムバッペ選手が残留するか、移籍してしまうのかによって大きく戦い方が

変わってきますので、まずはムバッペ選手の去就に注目大です!

 

スポンサーリンク

パリ・サンジェルマン2022冬移籍の補強ポイント

パリ・サンジェルマンの補強ポイントを見るために、

まずはポジションごとに現有戦力を見ていきます。

 

最初にGKですが、

ここはドンナルンマ選手とケイラー・ナバス選手というワールドクラスの

GKが2人いるので、全く補強の必要性はないでしょう。

 

次にDFラインですが、

センターバックは、セルヒオ・ラモス選手も怪我から復帰しており

マルキーニョス選手、キンベンベ選手と揃っているので補強は必要ないと思います。

逆に左右のサイドバックはケーラー選手、メンデス選手などがいますが、

少し質が落ちる部分があるので、

サイドバックは補強ポイントとなってくるでしょう。

 

フォーメーションは「4-3-3」を主に採用しているパリ・サンジェルマンですが

MFについては、ここもヴェラッティ選手やエレーラ選手など選手は揃っていますが

UEFAチャンピオンズリーグ制覇に向けて、

もう1枚本当のワールドクラスの選手が必要になってくるポジションだと思います。

そのため、MFもこの冬の移籍市場で補強ポイントとなってくると思います

 

FW3枚は、

やはりネイマール、ムバッペ、メッシ選手と

さらにディ・マリア、ドラクスラー選手など豊富に揃っているので、

誰かを放出することが無い限り補強はないと思います。

 

スポンサーリンク

最新パリ・サンジェルマン2022冬移籍の新加入・退団決定情報

【IN】

なし

 

【OUT】

ラフィーニャ レアル・ソシエダ(レンタル移籍) MF

 

スポンサーリンク

まとめ

パリ・サンジェルマン2022年冬の移籍情報、噂の獲得候補・狙っている選手や

退団・放出候補の選手、そして補強ポイントについてご紹介しました。

ここまでリーグ・アンでは圧倒的な強さで首位を走り、

UEFAチャンピオンズリーグでは2位通過でしたがしっかりと予選を突破したパリ・サンジェルマン。

念願であるUEFAチャンピオンズリーグ制覇に向けて、主力の残留、更なる補強が必要になってきます。

この冬の移籍市場でどのような補強や動きを見せていくのか注目です(^^)/

 

>>【関連】パリサンジェルマン試合放送の視聴方法!リーグアン無料ネット配信動画もご紹介!

 

スポンサーリンク