京都サンガ移籍情報2022!来季補強の噂と新外国人は?新加入・退団まとめ!

京都サンガ移籍情報2022!来季補強の噂と新外国人は?新加入・退団まとめ!

こんにちは!

2021年の京都サンガF.C.は、長年湘南ベルマーレを率いた曹貴裁(チョウ・キジェ)氏を新監督に迎えたほか、

冬には松田天馬や武田翔平などの実力者を、夏には福島ユナイテッドからイスマイラを補強し、万全の体制を整えました。

序盤から好調をキープして15節には首位に立つと、その後も昇格圏の2位以内を維持し続け、12年ぶりのJ1昇格を決めました

来る2022年シーズンでは久しぶりのJ1の舞台、残留に向けてどんなチーム強化を行なっていくのかに注目が集まっています。

そこで本記事では、京都サンガの2022年シーズンに向けての移籍情報、来季の補強の噂や獲得を狙っている選手・外国人選手、そして退団・放出候補の選手と補強のポイントについてまとめていきたいと思います(^^)/

>>【関連】Jリーグ移籍動向・補強情報2022冬まとめ!噂の大物や外国人選手の獲得は?

 

京都サンガ移籍情報2022 | 来季補強と噂の獲得候補

井上黎生人(CB)

 

2021シーズン所属:ファジアーノ岡山所属

市場価格:約3800万円

 

1人目の獲得候補は、

ファジアーノ岡山に所属している井上黎生人です。

 

今シーズンは初めてのJ2ながらフル出場で岡山の守備陣を支えました。

2019、2020年もガイナーレ鳥取で全試合出場をしており、

3年間一度の欠場もなく試合に出場していることから分かるように、

怪我なく安定したプレーのできる選手です。

 

プレースタイルとしては、

高さと強さを兼ね備え、地上戦・空中戦問わず対人戦を得意としています

 

一方警告数は少なく、7年間のプロ生活の中でイエローカードわずか6枚と、

とてもクリーンな守備ができます。

 

またキック精度も高く、さらに右利きながら左足でも遜色ない蹴り分けができるため、

京都サンガの後ろからのビルドアップを支えるにはうってつけの選手と言えるでしょう。

 

CBが足りていない京都サンガと、J2のCBの中で随一の活躍を見せた井上黎生人にとって、お互いの親和性は高いです。

昨年から曹貴裁監督が獲得を希望していたとの情報もあり、移籍が実現する可能性は十分にあると思います。

 

杉岡大暉(LSB・CB)

 

2021シーズン所属:鹿島アントラーズ(湘南ベルマーレにレンタル中)所属

市場価格:約9000万円

 

2人目の獲得候補選手は、

鹿島アントラーズ所属で、湘南ベルマーレにレンタル移籍している杉岡大暉です。

 

SBや3バックのCBでプレーできる杉岡大暉は、

その優れた体格を活かした大人守備が得意で、空中戦でも安定して相手FWに競り勝つことができます

また、そのフィジカルを活かした力強いドリブルや、そこから繰り出される正確なクロスが特徴です。

 

スピードよりもDFのタイミングをずらすようなドリブルから放たれるクロスは、

相手にとって対応しにくく、退団が予想される荻原拓也の代役に適任です。

 

なお、2017年から3年間曹貴裁監督のもとで指導を受けており

2017年のJ2リーグ優勝に貢献したほか、2019年のルヴァンカップ決勝では決勝ゴールを記録するなど、

曹貴裁監督と二人三脚で輝かしい功績を残し、東京オリンピック代表候補にまで躍り出ました。

 

しかし鹿島への移籍以降ポジション確保に苦労しており、

環境の変化が必要なタイミングで恩師の元に移籍するというのは十分あり得るストーリーでしょう。

 

スポンサーリンク

金子大毅(DMF)

 

2021シーズン所属:浦和レッズ所属

市場価格:7700万円

 

3人目の獲得候補選手は、

浦和レッズに所属している金子大毅です。

 

金子大毅も湘南ベルマーレで曹貴裁監督の教えを受けた教え子の1人です。

今季は浦和レッズに移籍したものの、ルーキー伊藤敦樹のブレイクなどで出番を伸ばすことができず、

一年での退団が噂されています。

 

プレースタイルとしては、

守備的MFのポジションでプレーする総合力の高い選手で、

パス・ドリブル・守備など、どれをとっても水準以上のプレーができます

 

その中でも特にボールの刈り取りに強く、DFラインの前でボールを回収し、守備を安定させることができる選手です。

 

湘南時代には曹貴裁監督のもとでその能力を遺憾なく発揮し、湘南の守備を支えていました。

 

京都サンガに移籍した場合IHでの起用が想定されますが、

カテゴリーが上がって守備の時間が増えることが想定されるチームにとって、理想的な移籍となると思います。

 

齊藤未月(CMF)

 

2021シーズン所属:FCルビン・カザン(ロシア)所属

市場価格:約1億2500万円

 

4人目の獲得候補は、

ロシアのFCルビン・カザンに所属している齊藤未月です。

 

齊藤未月も曹貴裁チルドレンのひとりで、杉岡大暉や金子大毅と共に湘南ベルマーレの躍進に貢献し、

その成績が評価されて海外進出を叶えた選手です。

 

ボランチやIHなどでプレーすることができる齊藤未月は、

小柄ながら寄せの速さや球際の激しさなどボール奪取能力に長けており、

相手の攻撃を摘み取ることができる選手です。

 

また、ボールを奪った後の展開力も持ち合わせており、

豊富な運動量でボールを持ち運んだりゴール前に顔を出したりと、得点に絡むこともできます。

 

2020年の年間最優秀ゴールに選ばれたヴィッセル神戸戦のゴールは、まさに彼の特徴を端的に表していると言えます。

しかしロシアに移籍後は怪我に苦しみわずか3試合の出場にとどまっており、Jリーグ帰還の噂があります。

恩師のもとで再び輝きを取り戻すことができるのか、注目です。

 

大前元紀(CF)

 

2021シーズン所属:ザスパクサツ群馬所属

市場価格:約7700万円

 

5人目の獲得候補は、

ザスパクサツ群馬に所属している大前元紀です。

 

2020年から所属するザスパクサツ群馬では72試合に出場し、

守備の時間が長くなりがちなチームにいながら12得点16アシストを記録し、

チームの攻撃を牽引しています。

 

プレースタイルとしては、

得点感覚に優れており、2018年には24得点を記録し、得点王にもなっているストライカーで、

相手をかわすキレのあるドリブルや正確なキック精度を持っており、

プレースキッカーを務めることができます。

 

また166cmと小柄ながら屈強なフィジカルで、180cmを超えるDFたちにも当たり負けしない強さを持った選手です。

 

海外でのプレー経験もあるほどの優秀なストライカーですが、

現在の京都サンガのエースのピーター・ウタカと特徴が被っており、彼の競争相手あるいは代役ということになります。

 

しかし、J1でのプレーは2017年以来となるため、現在のJ1でどこまで通用するかは未知数なところではあります。

 

京都サンガ移籍情報2022 | 新外国人選手の獲得は?

マイケル・ウード(GK)

 

2021シーズン所属:アルメレFC(オランダ2部)所属

市場価格:約6400万円

 

1人目の獲得候補外国人は、

オランダ2部のアルメレFCに所属しているマイケル・ウードです。

 

ニュージーランド代表にも選ばれている選手で、

今夏に開催された東京オリンピックではU-24ニュージーランド代表として4試合に出場し、

日本戦でも何度も決定機を阻止したGKです。

 

その長い手足を活かしたシュートストップが得意で、

昨季のオランダ2部ではクリーンシート率37%という脅威のスタッツを残しています。

 

他にもハイボール処理や1対1なども得意で、安定感のあるGKと言えるでしょう。

またキック精度も悪くなく、ロングキックの79%が味方につながっています

 

京都サンガではJ1経験の豊富なGKがおらず、GKの補強は急務だったため、なんとしても成立させたい移籍です。

 

メンデス(CB)

 

2021シーズン所属:ヴァンフォーレ甲府所属

市場価格:約2500万円

 

2人目の獲得候補外国人は、

ヴァンフォーレ甲府に所属しているメンデスです。

 

昨季途中から甲府に加入したメンデスは、今季スタメンを確保すると、

37試合に出場し、自身のシーズン出場記録を更新しました。

三度の大怪我を乗り越えた苦労人という側面もあり、フルシーズン出場できたのはキャリア初めてのことでした。

 

プレースタイルとしては、

195cmの巨体を活かしながらのハードな守備が特徴で、空中戦ではまず負けることはありません

セットプレーのターゲットにもなることができ、今季はCBながら6ゴールを記録しています。

 

また、時折見せる積極的な攻撃参加もウリで、

ストライドの長いドリブルで相手を置き去りにし、奇襲することができます。

 

2015年からJリーグでプレーており、言語面での問題はほぼありません

 

レギュラーのCBであったヨルディ・バイスが退団して

ターゲットマンを失ったCBが不足している京都サンガにハマりそうな選手です。

 

マルティノス(WG)

 

2021シーズン所属:モンテディオ山形所属

市場価格:約7000万円

 

3人目の獲得候補外国人は、

モンテディオ山形を退団したばかりのマルティノスです。

 

横浜F・マリノスや浦和レッズなどでプレーしたマルティノスは、

今夏にモンテディオ山形に加入し、13試合で1ゴール2アシストを記録しました。

 

山形では数字以上のインパクトを残しており、

主にジョーカーとして相手守備陣の脅威となっていました

 

そのプレースタイルは、

瞬発力とスピードが最も特徴的なウインガーで、

相手をぶち抜いての高速クロスや鋭いカットインシュートを得意としています。

 

左利きでほぼ左足しか使わないにもかかわらず、

「わかっていても止められない」圧倒的な爆発力を持っています。

 

既に山形からの退団が発表されていましたが、山形と京都は似たサッカーを志しているチームです。

山形加入時に「チームのプレースタイルは自分の特徴にも合っています」

語っていたマルティノスにとって、京都サンガは魅力的なチームに映っていてもおかしくありません。

 

スポンサーリンク

京都サンガ移籍情報2022 | 噂の放出候補

荻原拓也(LSB)

 

移籍先候補:浦和レッズ(レンタルバック)

市場価格:約5100万円

 

1人目の放出候補は、荻原拓也です。

今季最もサンガの勝利に貢献した選手の1人ですが、

浦和レッズへのレンタルバックが既定路線と考えられています。

 

浦和レッズユースからトップ昇格し、トップチームでも一定の出場機会を得ているなかで、

2020年の夏にアルビレックス新潟に、今年から京都サンガにレンタル移籍という形で在籍すると、

1年半の間レギュラーとして活躍し、大きく成長しました

 

プレースタイルとしては、

豊富な運動量で左サイドを上下動することのできるスタミナとガッツを持っている左SBで、

90分間インテンシティ高いプレーができます。

また、スピードを活かしたドリブル突破やそこから繰り出される正確なクロスでサイドを打開し、

攻撃の中心になることができ、ボールを保持するチームで特にその能力は発揮されます。

 

京都サンガに彼を留めることは難しいでしょう。

浦和レッズは現所属の左SBの選手と契約を満了しており、荻原拓也を呼び戻す可能性が高いです。

 

白井康介(RSB・RWB)

 

移籍先候補:コンサドーレ札幌(レンタルバック)

市場価格:約5100万円

 

2人目の放出候補は、白井康介です。

コンサドーレ札幌からレンタル移籍中の白井康介は、今季32試合に出場し、

特にシーズン後半に先発出場機会を得て、昇格決定に大きく貢献しました。

 

キャリアのほとんどでWBとしてプレーしてきたなか、

今季はSBとして出場することになりましたが、うまく順応して能力の高さを見せました。

 

特徴としては、その積極的な攻撃参加にあり、

荻原拓也と同様にドリブル突破などのチャンスメイクを得意とする選手です。

 

京都サンガの攻撃の主体は左サイドでしたが、

相手を片方のサイドに密集させて白井をフリーにすることで、

彼に数多くの選択肢を与えて、チャンスに絡ませていました

 

レンタル選手なので京都に慰留の主導権はなく、去就は不透明です。

札幌では右WBのレギュラーだった金子拓郎に移籍の噂があるため、

白井康介を呼び戻す可能性は大いにあります。彼の代役確保は、確実に必要です。

 

スポンサーリンク

武富孝介(CMF・FW)

 

移籍先候補:未定

市場価格:約6400万円

 

3人目の放出候補は、武富孝介です。

武富孝介は今季から京都サンガに所属し、10試合に出場しました。

 

曹貴裁監督とは2013年からの2年間と2019年の計3年間でタッグを組んでいた、

曹貴裁チルドレンのひとりでした。

 

近年は怪我が多く、コンスタントに出場することができていません。

捲土重来を期して7年ぶりのJ2の舞台にも挑戦しましたが、出場機会を伸ばすことはできませんでした。

 

とは言うものの、オフザボール時に相手から消える動きがうまく

ボール保持時も複数のドリブルを駆使して相手DFを崩すことができる特徴を持った選手で、

前線から激しいプレスをかけるハードワークも武器で、背中でチームを鼓舞することができるので

試合に出場すれば確実に仕事をしてくれる選手ではあります。

 

クラブとしては出場機会と年俸が噛み合っていない選手を多く在籍させることは難しいため、

退団が濃厚と言われています。

中川寛斗(CMF・ST)

 

移籍先候補:未定

市場価格:約3800万円

 

4人目の放出候補は、中川寛斗です。

今季から京都サンガに加入し、10試合に出場。

序盤は出場機会を得ていましたが、徐々にベンチ外になることが増えていってしまいました。

 

155cmというデビュー時には低身長記録を更新したほどの小柄ながら、

ボールキープがうまく、簡単にボールを奪われることがありません

 

そして、スペースに顔を出したり、守備に走り回ったりと

ボールを持たないときの動きも高水準で、チームのポゼッションサッカーにハマるはずと目されていました。

 

出場機会の減少に伴って退団の噂があるため、J2のどこか別のチームに移籍する可能性があります。

ピーター・ウタカ(FW)

 

移籍先候補:未定

市場価格:約3800万円

 

5人目の放出候補は、ピーター・ウタカです。

この2年間、京都サンガの顔を務めた選手で、

昨季得点王、今季は得点ランキング2位と素晴らしい活躍を見せています。

2年間で80試合・計43得点を記録しています。

 

プレースタイルは典型的なボックスストライカーであり、

やはりその得点力はJ2屈指で、J1でも十分通用すると思わせるほどです。

 

選手に多くの運動量を求める曹貴裁監督とは合わないと言われていましたが、

むしろ新監督の戦術に適応し、ゲームメイクやキーパスなど、

得点の1歩、2歩手前の仕事もこなせるようになり、よりスーパーな選手に成長しました。

 

SNSの投稿などから退団の噂が出ていたりしますが、

もしピーター・ウタカを失うことになれば京都サンガにとっては大きな痛手です。

早急に代役を探さなければなりません。

 

市場価格は約3800万円ですが年齢が加味された価格のためであり、

実際はこれ以上の価値がある選手です。なんとしても慰留したいところです。

 

スポンサーリンク

京都サンガ移籍情報2022 | 補強ポイント

まずは今シーズンの戦績から振り返りましょう。

J2リーグ戦:2位(24勝12分6敗)

天皇杯:4回戦敗退(3試合2勝1敗)

 

今季は曹貴裁新監督のもとで、12年ぶりのJ1昇格を目指すシーズンとなりました。

 

シーズン前には湘南ベルマーレから松田天馬・中川寛斗など、

自身のサッカーを熟知している選手を獲得したほか、

ヴァンフォーレ甲府から武田翔平、ガイナーレ鳥取から三沢直人とJ2・J3の実力者を次々と獲得。

 

層の薄いSBには浦和レッズから荻原拓也、コンサドーレ札幌から白井康介をレンタルで獲得し、

夏には福島ユナイテッドで暫定得点王であったイスマイラを補強して、

J1昇格への最後のピースを埋めました。

 

シーズンが始まると第6節から15試合負けなしと圧倒的な強さを見せ、

15節の時点で首位に立つことに成功します。

 

また天皇杯では柏レイソルに勝利し、J1チームとも渡り合える充実ぶりを見せました。

 

その後も勢いを止めることなく

昇格圏内の2位以内をキープし続けると、優勝こそ逃したものの第41節には2位を確定させ、

悲願のJ1昇格を達成しました。

 

京都サンガの来季の目標は、

12年ぶりのJ1リーグに残留を果たし、翌2023年もJ1で戦うことです。

 

では、J1残留に向けて必要な補強はどこか、ポジションごとに考察していきます。

 

まずGKは、

世代別代表経験のある若原智哉がレギュラーで、清水圭介が控えていますが、

若原がJ1でどこまで通用するか未知数です。

 

攻められる機会が増えることが予想されるため、GKの補強は必須と考えます。

噂になっているマイケル・ウードのような代表レベルの選手か、

少なくともJ1での実績のある選手が欲しいところです。

 

続いてDFは、

ヨルディ・バイス、黒木恭平、森脇良太の退団が決定しており、

こちらも補強は必須となっています。

 

CBは、現状本多勇喜、長井一真、麻田将吾の3人しかいません。

さらに現有選手はJ1経験がなく、実力者の確保を含めて、最低でも5,6人は確保しておきたいところです。

ヨルディ・バイスの後継となれるような、フィジカルに優れ、フィード能力も高い選手を探したいところです。

 

SBに関しては、今季は荻原拓也、白井康介、飯田貴敬の3人が主に出場しましたが、

荻原拓也と白井康介の去就が不透明なため、こちらも代役を探さなければなりません。

 

MFは、

庄司悦大、曽根田穣、中野克哉、上月壮一郎の退団が決定しており、

補強が必要なポジションがあります。

 

アンカーでは、退団する庄司悦大の後釜を補強したいところです

ここを本職とする選手は川崎颯太しかいないため、

2年目ながら41試合に出場した川崎颯太が来季もスタメンで活躍することができれば良いですが、

ここもJ1で通用するかは未知数です。

 

J1で実績のある選手を1人補強し、川崎颯太が競い会える環境を作れればベストです。

IHは何人か退団選手がいるものの、それでも多くの実力者を抱えているため、補強の優先度は低いです。

 

 

FWは、

退団選手はいませんが、曽根田穣はWGとしてもプレーできる選手です。

 

WGに関しては、IHでもWGでもプレーできる選手が多く優先度は高くないですが、

独力で突破を図れるタイプの選手が少ないため、1人タイプの違う選手を獲得できれば面白いかもしれません。

 

CFについては、退団の噂のある

ピーター・ウタカが替えの効かない選手なので、移籍することになれば代役確保は必須です。

 

夏に福島ユナイテッドからイスマイラを補強しており出色の活躍を見せていましたが、

ウタカほどのインパクトは残せていません。

今季ほどの攻撃機会を作ることは難しくなることが想定されますので、

より少ないチャンスを決め切ることのできるストライカーがウタカ以外にもう1人欲しいところです。

 

スポンサーリンク

京都サンガ移籍情報2022 | 新加入・退団決定情報

IN

FW 田中和樹(法政大学)

OUT

DF 黒木恭平(移籍先未確定)

DF ヨルディ・バイス(移籍先未確定)

DF 森脇良太(移籍先未確定)

MF 庄司悦大(移籍先未確定)

MF 曽根田穣(移籍先未確定)

MF 中野克哉(移籍先未確定)

MF 上月壮一(移籍先未確定)

 

※2021/12/19時点の情報です

 

スポンサーリンク

まとめ

京都サンガの2022シーズンに向けての冬の移籍情報、来季補強の噂や獲得を狙っている選手・新外国人選手、そして退団・放出候補と補強ポイントについてまとめてみました。

J1残留に向けて補強ポイントは多いですが、既に多くの噂が飛び交っており、かなり大型補強が行われそうなオフシーズンとなりそうです。

来季に向けてどんな選手がやってくるのか、来季どんな活躍を見せてくれるのか、ますます目が離せなくなりそうですね(^^)/

 

>>【関連】Jリーグ移籍動向・補強情報2022冬まとめ!噂の大物や外国人選手の獲得は?

 

スポンサーリンク