ユーロ2020ロシア代表の注目・有名選手は?最新フォーメーションと戦術・監督もご紹介!

ユーロ2020ロシア代表の注目・有名選手は?最新フォーメーションと戦術・監督もご紹介!

こんにちは!

新型コロナ感染拡大により、開催延期となったEURO2020(UEFA欧州選手権)が

2021年6月より開催されます。

母国開催となった2018年ロシアワールドカップでは下馬評を覆し、

グループステージ突破、ベスト16ではスペインを破るなど、注目を集めました。

今回のユーロ2020ではどんな結果を残してくれるか楽しみですね。

本記事では、そのロシア代表について、チームの特徴と、キーマンとなる注目メンバー3選手と監督の紹介、さらには最新フォーメーションと戦術分析についてまとめてみました(^^)/

 

>>【関連】ユーロ2020注目選手と2021年フォーメーションは?出場国別に紹介!

 

ユーロ2020ロシア代表の注目・有名選手は?最新フォーメーションと戦術・監督もご紹介!

ロシア代表の特徴

1912年にロシア帝国代表として初めて国際試合を開催し、第一次世界大戦、ロシア革命などを挟み、

1923~1991年までソビエト連邦代表として活動します。

 

1991年12月25日のソビエト連邦の崩壊後、

ロシアサッカー連合が旧ソ連のサッカー協会を継承する形で、現在のロシア代表が発足します。

 

FIFAワールドカップには4回出場し、母国開催となった2018年のベスト8が最高位となります。

UEFA欧州選手権(EURO大会)には過去3回出場し、2008年のベスト4が最高位となります。

 

EURO2020ではデンマーク、フィンランド、ベルギーと同じグループBに入っています。

現在FIFAランキング1位に君臨するベルギーの首位通過が濃厚と思われ、

グループ2位通過の枠を残るロシア、デンマーク、フィンランドの3ヶ国で争う形になると予想されます。

 

なお、EURO予選では10戦8勝2敗の2位で本大会出場を決めています。

 

スポンサーリンク

ロシア代表の注目選手

アルテム・ジュバ

 

スパルタク・モスクワのユース出身で、17歳の時にプロデビューを果たします。

その後、トム・トムスクへのローン移籍をすると、2011-12シーズンから所属元であるスパルタク・モスクワでプレーしますが、

2013-14シーズンにはロストフへ再びローン移籍をし、そのロストフでは

公式戦43試合に出場し、20ゴール4アシストを記録します。

 

この活躍から2015-16シーズンからゼニトへの移籍を果たしますが、

2017-18シーズンには、ロベルト・マンチーニ監督との確執もあり、アルセナルへの半年のローン移籍も経験していますが、

今シーズンまで公式戦210試合に出場し、95ゴール60アシストを記録しています。

 

彼の特徴は、基本的には相手のエリア内で構える選手で、

味方からのボールに合わせるシュートでゴールを狙っていくほか、エリア外からも力強いシュート放ち、

相手の脅威となっていきます。

 

さらに、194㎝の高身長活かしたポストプレーも得意で、更にポストプレーからボールを展開したり、

味方を活かすアシスト性のパスを配球し、ゼニトではアシストも増えています。

 

一方でプレーにムラがある選手で、

コンディションや環境に左右され、爆発的な得点を見せるシーズンや不発に終わるシーズンもあります。

またトラブルメイカーでもあり、監督との衝突も度々起こしています。

 

しかしながら、ロシア代表の貴重なゴールゲッターであり、

彼が乗っているときのプレーはその体格からイブラヒモビッチに例えられることもあります。

 

ロシア代表の得点源として、彼の爆発力に期待が掛かります。

 

アレクセイ・ミランチュク

 

スパルタク・モスクワのユースからロコモティフ・モスクワのユースチームに移ると、

2013年4月に17歳でプロデビューを果たします。

 

ロコモティフ・モスクワでは7シーズンプレーし、

公式戦228試合で43ゴール46アシストを記録しています。

 

2020-21シーズンからはセリエAのアタランタに移籍していますが、

主に途中出場からコンスタントに出場し、

公式戦31試合に出場し、7ゴール2アシストを記録しています。

 

トップ下が本職の選手ですが、

ポジションに捕らわれずサイドに流れたり、浮いた位置にポジションを取りながらボールを受け、

チャンスボールを配球していきます。

 

ボールの置き所やトラップなど、ボールコントロールにも優れ、

ボールを受けてから次のプレーまでをスムーズに行います。

自身も積極的にペナルティエリアに侵入し、危険となる位置でボールを受け、シュートやアシストを狙っていきます。

 

また、シュートは力が乗ったシュートではなく、

回転を掛けたり、つま先でコースを狙ったコントロールシュートが多くなっています。

 

ロシア代表では2シャドーの位置でプレーしているミランチュクの

チャンスメイカーとしての活躍に期待が掛かります。

 

アレクサンドル・ゴロヴィン

 

CSKAモスクワのユースから2015年3月、19歳のときにプロデビューを果たします。

以降3シーズンプレーし、

公式戦113試合に出場し、13ゴール11アシストを記録します。

 

自身も出場したロシアW杯後となる2018-19シーズンからはモナコに移籍すると、

コンスタントに出場を続け、現在までに

公式戦91試合で13ゴール17アシストを記録します。

 

彼はボランチから攻撃的MFまで、様々なポジションでプレーすることが出来、

ロシア代表ではFWの後ろの2シャドーの位置で起用されています。

 

彼の特徴はサイドや相手選手のライン間でボールを受け、脅威あるアシスト性のボールを配球します。

 

また、スピードに乗ったままプレーすることが出来る選手で、

ボールを受けてからのドリブルや、カウンターの場面からスピードアップし、

 

アタッキングサードまでボールを運び、そこからチャンスメイクや自身でゴールを狙っていきます。

 

プレースキッカーとしても優秀な選手で、ロシアW杯のサウジアラビア戦では、直接FKを決めています。

現在のロシア代表のスタイルと非常にマッチした選手で、ロシア代表の躍進の鍵を握る選手の一人です。

 

スポンサーリンク

ロシア代表の最新フォーメーション

基本フォーメーションは3-4-2-1です。

FW
アルテム・ジュバ

アレクサンドル・ゴロヴィン、アレクセイ・ミランチュク

MF
ユーリ・ジルコフ、ロマン・ゾブニン、マゴメド・オズドイェフ、マリオ・フェルナンデス

DF
ヒョードル・クドリャショフ、ゲオルギ・ジキヤ、アンドレイ・セミョノフ

GK
アントン・シュニン

 

GKはアントン・シュニンです。

ディナモ・モスクワでプレーする34歳のベテラン選手です。2019年の11月からロシア代表の正GKを務めていて、代表としては遅咲きの選手です。

 

DFはヒョードル・クドリャショフ、ゲオルギ・ジキヤ、アンドレイ・セミョノフです。

ヒョードル・クドリャショフはトルコのアンタルヤスポルでプレーする34歳の選手です。

普段は右SBとしてプレーしていますが、昨年からロシア代表ではCBで起用されることが多くなっています。

 

ゲオルギ・ジキヤはスパルタク・モスクワでプレーする27歳の選手です。

アンドレイ・セミョノフはアフマト・グロズヌイでプレーする32歳の選手です。

 

MFはユーリ・ジルコフ、ロマン・ゾブニン、マゴメド・オズドイェフ、マリオ・フェルナンデスが並びます。

WBは左にユーリ・ジルコフ、右にマリオ・フェルナンデスです。

ユーリ・ジルコフはゼニトに所属する37歳のベテラン選手です。ゼニトでは年齢もあり、出場時間が少なくなっていますが、ロシア代表では監督の信頼も厚く出場を続けています。

 

大会中、ターンオーバーも必要となってくるため、その場合はダレル・クズヤエフが入る可能性もあります。

マリオ・フェルナンデスはCSKAモスクワでプレーする30歳の選手です。ブラジルにルーツを持つ選手で、ロシア代表を選択しています。

何度も欧州クラブからの移籍の噂が出ていた選手ですが、今年の夏でCSKAモスクワ在籍9年になる選手です。

 

中盤にはロマン・ゾブニン、マゴメド・オズドイェフが入ります。

ロマン・ゾブニンはスパルタク・モスクワでプレーする27歳の選手で、クラブでは右SHやセントラルMFで起用されています。

 

マゴメド・オズドイェフはゼニトでプレーする28歳の守備的MFです。ゼニトでレギュラーとしてプレーし、今シーズンのロシアリーグ優勝に貢献しています

 

シャドーの位置にアレクサンドル・ゴロヴィン、アレクセイ・ミランチュクが入ります。

アレクサンドル・ゴロヴィンはモナコでプレーする25歳の選手です。

今シーズン、怪我や新型コロナウイルスの感染などでシーズンの1/3を欠場しましたが、

公式戦26試合に出場し、6ゴール9アシストを記録しています。

 

アレクセイ・ミランチュクはアタランタでプレーする25歳の選手で、

今シーズン公式戦31試合に出場し、7ゴール2アシストを記録しています。

 

1トップはアルテム・ジュバです。

アルテム・ジュバはゼニトでプレーする32歳の選手で、今シーズン、

公式戦33試合に出場し、21ゴール9アシストを記録しています。

ロシア代表ではキャプテンを務め、51試合で29ゴールを記録しています。

 

6月1日に発表されたEURO2020に向けた代表メンバー26名

GK
アントン・シュニン
ユーリ・デュピン
マトヴェイ・サフォノフ

DF
ゲオルギ・ジキヤ
アンドレイ・セミョノフ
イゴール・ディヴェエフ
マリオ・フェルナンデス
ウヤチェスラフ・カラヴァイェフ
ユーリ・ジルコフ
ヒョードル・クドリャショフ

MF
デニス・マカロフ
ダニイル・フォミン
アンドレイ・モストヴォイ
マゴメド・オズドイェフ
ダレル・クズヤエフ
アレクセイ・イオノフ
ロマン・ゾブニン
ドミトリ・バリノフ
マクシム・ムキン
リファト・ジェマレトディノフ
アレクサンドル・ゴロヴィン
アレクセイ・ミランチュク
デニス・チェリシェフ

FW
アルテム・ジュバ
アレクサンドル・ソボレフ
アントン・ザボロトニー

 

スポンサーリンク

ロシア代表の戦術分析

母国開催となった2018年ロシアW杯では、下馬評を覆しグループリーグを突破すると、

決勝トーナメント1回戦でスペインを撃破する快進撃を見せました。

 

その当時の監督であるスタニスラフ・チェルチェソフ氏は現在でも監督を務めていて、

戦術的に大きな変化はないと見られます。

本大会に招集された26名中9名が、2018年W杯を戦ったメンバーとなっています。

 

ロシア代表は

守備時のラインは高く設定せず、コンパクトな陣形を保ち、相手に自由を与えるスペースを潰していきます

中央を固めてサイドへとボールを逃がす守り方になります。

 

また、ボールの取りどころでは連動したプレスで圧力を掛け、ボール奪取をし、素早くカウンターを仕掛けます。

 

パスを繋ぎながらポゼッションを高めていくより、

相手にボールを持たせてミスを誘い、カウンターを仕掛けるスタイルになります。

 

スポンサーリンク

ロシア代表監督

スタニスラフ・チェルチェソフ

 

現役時代のポジションはGKです。

スパルタク・モスクワ時代には正GKを務め、リーグ戦やカップ戦で優勝を果たすなどチームに貢献し、

1989-1993年の間に地元紙のロシア年間最優秀GKに3度選出されています。

 

また、1996年からオーストリアのチロル・インスブルックに移籍すると、6シーズン在籍します。

2000-01シーズンにはリーグ優勝を達成し、オーストリア・ブンデスリーガの最優秀GKに選出されます。

 

現役ラストシーズンとなる2002年、多くを過ごしたスパルタク・モスクワに復帰し、

そのシーズンの終了後、36歳で現役を引退します。

 

代表としてはソビエド連邦時代、そして現在のロシア代表と通算49試合に出場しました。

 

現役引退から2年後となる2004年、

オーストリアのクーフシュタインの監督に就任し、監督キャリアをスタートさせます。

 

以降、オーストリアのヴァッカー・チロルや古巣であるスパルタク・モスクワの監督を務めますが、長期政権を築けず、ロシア国内のクラブを転々とすると、

2015-16シーズンはポーランドのレギア・ワルシャワの監督に就任します。

 

そして2016年8月、母国のロシア代表監督に就任し、現在までに5年間の長期政権を築いています。

 

母国開催となった2018年ロシアW杯では大会の開幕戦となるサウジアラビアに5-0、エジプトに3-1で勝利し、
グループステージ突破を決めると、

決勝トーナメント1回戦目のスペイン戦では延長PK戦の末、スペインを破りベスト8に進出します。

 

ベスト8では、この大会決勝まで進むことになるクロアチア相手にも延長PK戦まで縺れ込む死闘を見せ、大会を去ることになります。

 

直近10試合の成績は4勝2分4敗となっています。

 

スポンサーリンク

まとめ

EURO2020に臨むロシア代表について、チームの特徴と、キーマンとなる注目メンバー3選手と監督、さらには最新フォーメーションと戦術分析についてご紹介しました(^^)/

EURO2012、2016大会ではグループリーグ戦敗退という成績でしたが、好成績で納めた2018年W杯から3年。

今大会では更に連動・熟成されたプレーが見られるのか、ロシア代表の躍進に期待しましょう!

 

>>【関連】ユーロ2020注目選手と2021年フォーメーションは?出場国別に紹介!

 

スポンサーリンク