最新チェルシー2021夏移籍情報!噂の獲得・放出候補と補強ポイントは?

最新チェルシー2021夏移籍情報!噂の獲得・放出候補と補強ポイントは?

こんにちは!

昨季2020-21シーズンはおよそ300億円という大型補強を行い、チームの一新を図ったチェルシー。

その補強もあり、シーズン序盤は好調を維持していましたが12月に入ると一変し、

リーグ戦8試合で5敗を喫するなど不調に陥り、フランク・ランパード監督が解任されてしまいます。

翌日にはトーマス・トゥヘル監督がスピード就任すると、短期間で強化な守備を構築し、

チームも勢いに乗ると、チャンピオンズリーグ優勝を果たしました。

2021-22シーズンは開幕からトゥヘル監督が指揮を執れるため、リーグ戦にも力を入れると見られます。

本記事ではそのチェルシーの2021夏移籍情報、噂の獲得・放出候補と補強ポイントについてまとめてみました(^^)/

 

>>【関連】チェルシー開幕戦スタメン予想!フォーメーションと注目選手も!【2021-22プレミアリーグ】

 

>>【プレミアリーグ2021-22中継はDAZN独占!】そのDAZNを徹底評価!悪い評判は本当?94名の感想と口コミまとめ!【2021年最新】

>>【BIG6の動向をチェック!】最新プレミアリーグ2021夏移籍市場の獲得・放出の噂と補強情報まとめ|イングランド・ビッグ6チーム別

 

最新チェルシー2021夏移籍情報!噂の獲得・放出候補と補強ポイントは?

チェルシー2020-21シーズン評価

プレミアリーグ2020-21:4位(勝ち点67/19勝10分9敗/58得点36失点)

カラバオカップ2020-21:4回戦敗退

FAカップ2020-21:準優勝

チャンピオンズリーグ2020-21:優勝

 

2019-20シーズンは移籍条項の違反から補強禁止処分を受けていました。

 

その処分が解禁となり、フランク・ランパード体制も2年目に入った2020-21シーズンでは、

およそ300億円の補強予算を使い、

エドゥアール・メンディ(GK)、ベン・チルウェル(SB)、ハキム・ツィエク(MF)、カイ・ハヴァーツ(MF)、ティモ・ヴェルナー(FW)と、

ベテランのチアゴ・シウバ(DF)をフリーで獲得するなど、

いずれも主力となる選手を補強し、新シーズンに臨みました。

 

その補強もあり、シーズン序盤は開幕から11節までの敗戦を僅か1敗に留め、好調が見られました。

しかし、12月に差し掛かると新戦力や主力選手の扱いが定まらず、選手のパフォーマンスも低調なものとなり、

リーグ戦8試合で5敗を喫するなど、不調に陥り、フランク・ランパード監督が解任されてしまいます。

 

クラブのレジェンド解任に様々な声が聞かれましたが、

その翌日、12月にパリ・サンジェルマンを電撃解任されていたトーマス・トゥヘルが新監督に就任しました。

 

就任からすぐさま戦術改革を見せ、守備の立て直しを図ると、リーグ前半戦を9位で折り返したチェルシーでしたが、

就任後、11勝5分3敗の成績でチャンピオンズリーグ圏内の4位でフィニッシュしました。

 

更には、決勝トーナメントからチームを率いたチャンピオンズリーグでも安定した守備を見せ、

アトレティコ・マドリード、ポルト、レアル・マドリードを下し決勝に進出すると、

同国対決となったマンチェスター・シティを1-0で下し、9年ぶりのビッグイヤーを獲得しました。

 

2020-21シーズンの評価としては、

フランク・ランパード政権では好調を見せるときもありましたが、不調時の立て直しが図れず、監督経験不足という声も上がりました。

レジェンドを切り捨てたフロントには様々な意見が上がりましたが、トーマス・トゥヘルの手腕によってチェルシーが息を吹き返すと、

リーグ戦では来季チャンピオンズリーグ圏内のフィニッシュ、そして

UEFAチャンピオンズリーグ2020-21では優勝を達成し、フロントの判断は正しい結果となりました。

 

トゥヘル監督体制では、就任から短い期間でチームに戦術を落とし込んだだけではなく、

ランパード監督の下では出場機会が少なかった選手が主力として復活し、新戦力を適材適所で起用するなど、チームの再建を見せました。

 

レジェンドとの別れもありましたが、

チェルシーファンにとっては満足のいくシーズン後半戦になったと言えます。

 

最新チェルシー2021夏移籍噂の獲得候補・狙っている選手

アーリング・ハーランド(FW)

 

ボルシア・ドルトムント所属

市場価値:1億2000万ユーロ(約160億円)

 

各ビッグクラブから注目を集めるハーランドですが、

ストライカー獲得が濃厚となっているチェルシーも今夏のトップターゲットの一人としていると報道されています。

 

一部報道では、

ハーランド自身もスタンフォード・ブリッジ(チェルシーのスタジアム)でのプレーに興味を示していることや、既に個人合意しているとも報じられています。

 

また、来夏(2022年)になると、

ハーランドの契約解除金が7500万ユーロ(約98億円)になる契約となっているため、

来夏では更なる争奪戦が予想されます。

このことから、資金力で他のクラブに勝るチェルシーが、今夏での獲得に力を入れると見られています。

 

ハーランドはモルデ、レッドブル・ザルツブルク、ボルシア・ドルトムントや、チャンピオンズリーグの舞台でゴールを量産しています。

20歳となった2020-21シーズンは10ゴールを記録し、チャンピオンズリーグ得点王に輝きました。

 

現在所属しているドルトムントでは、約1年半で

公式戦59試合に出場し、57ゴール15アシストを記録するなど、

圧倒的なパフォーマンスを見せ、自身の価値を高めています。

 

ハーランドは194cmと大柄なストライカーですが、ボックスで構える選手ではなく、

ポジションを変えながら相手の脅威となるスペースにボールを呼び込む動きを見せたり、

DFラインとの駆け引きから裏に抜け出し、ゴールを狙っていきます。

 

また、中盤に降りてゲームメイクに参加したり、味方を活かすためのスペースメイクをしたりと、プレーの幅も広がっています。

得点パターンも豊富であることや、高い得点能力も兼ね備え、泥臭いゴールから理不尽にも見えるゴラッソまで、ストライカーとして常に脅威を与えます。

 

既に成熟したプレーを見せるハーランドには、各ビッグクラブが興味を示していて、去就に注目が集まります。

 

スポンサーリンク

デクラン・ライス(MF)

 

ウェストハム・ユナイテッド所属

市場価値:6500万ユーロ(約85億円)

 

エンゴロ・カンテの明確なバックアッパーが不在となっているため、

守備にストロングポイントを持つデクラン・ライスも、今夏のトップターゲットの一人となっています。

 

ライスは守備的MFのスペシャリストとも言える選手です。

ゲーム展開を予測したポジショニングから相手のパスコースを消したり、インターセプトで攻撃の芽を摘むことや、

185cmという体格から空中戦での強さを見せるほか、対人では簡単に抜けれず、相手選手とボールの間に体を入れボール奪取したり、スライディングでボールを刈り取ります。

彼が後ろで構えてくれる分、中盤の選手が攻撃に専念することが出来ます。

現在行われているEURO2020でも、イングランド代表の中盤を締める役割として、準々決勝までの全試合に出場しています。

ジュール・クンデ(DF)

 

セビージャ所属

市場価値:約6000万ユーロ(約78億円)

 

トゥヘル監督が就任し、3バックが主な布陣になっていることから、

CBの選手層を厚くするため、獲得の可能性が報じられています。

 

また、今夏での退団の可能性が高くなっているレアル・マドリードのラファエル・ヴァランも狙っていると報じられていますが、

こちらはマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が濃厚である見られています。

 

クンデの注目すべき点は、CBの選手ながら178cmの身長にあります。

CBとしては小柄な選手ですが、

的確なポジション取りとバネを活かした跳躍力から、その身長を感じさせない空中戦の強さを見せています。

 

対人守備では、相手を観察し的確に処理したり、裏を狙われてもスピードがあるため、広いエリアをカバーします。

また、ドリブルや味方とのパス交換からボールを前線へと運ぶプレーも見せ、セビージャでは攻撃のアクセントの一つになっています。

サウール・ニゲス(MF)

 

アトレティコ・マドリード所属

市場価値:4000万ユーロ(約53億円)

 

近年のサウールは、そのポリバレント性から複数のポジションを任されていますが、

酷使された2019-20シーズンでの疲労の蓄積や、ポジションが定まらないが故のパフォーマンス不良、更にはシステムの変更から適正ポジションを失うなど、

2020-21シーズンはサウールにとって難しい時間を過ごしました。

 

このことから、移籍の可能性が取り沙汰されていて、サウールにはチェルシーのほか、

バイエルン・ミュンヘン、ユヴェントス、マンチェスター・シティ、リヴァプールなど、複数のビッグクラブが興味を示していると報道されています。

 

サウールは元々は攻撃で才能を見せる選手で、

2015-16シーズンのバイエルン・ミュンヘン戦で見せたドリブル突破からのゴールで、彼を一躍有名にすると、

2017年6月に開かれたUEFA U-21欧州選手権では、イタリア相手にハットトリックを記録するなど得点を積み重ね、累計5ゴールで大会得点王に輝きました。

 

近年は前述の通り、複数のポジションをこなし、どのポジションでも高いクオリティを見せます。

2013-14シーズンにローン移籍をしたラージョ・バジェカーノではCB、成長を続けた若手時代は主に右サイドハーフ、近年は2ボランチの一角やインサイドハーフ、左SBでも多くプレーをしました。

 

守備時は、豊富な運動量からプレスを掛けたり、的確なポジショニングや予測からスペースを潰し、タイミングを計ったタックルやインターセプトで攻撃の芽を摘んでいきます。

攻撃時には味方が空けたスペースをカバーするポジションを取ったり、自身でボールを前線へと運ぶプレーや、精度の高いスルーパスを通し、攻撃のチャンスを作っていきます。

 

サウールは2017年7月に異例の9年契約の更新を果たし、アトレティコを象徴する選手の一人となっています。

余談になりますが、サウールはデビューから2020-21シーズンまでの間に、アトレティコで公式戦42ゴールを記録していますが、

サウールが得点した試合は無敗(36勝6分)を誇る不敗神話が続いています。

 

スポンサーリンク

最新チェルシー2021夏移籍噂の放出候補

マルコス・アロンソ(DF)

 

市場価値:1200万ユーロ(約16億円)

 

彼がポジションを務める左のWBには、ベン・チルウェルやエメルソン・パルミエリがいることから、

チェルシー側は獲得のオファーに応じる可能性が報じられています。

マルコス・アロンソには、退団が濃厚となっているジュニオール・フィルポの後釜としてバルセロナが興味を示しています。

 

彼の特徴は、攻撃に厚みを加えたり、攻撃の起点になることが出来ます。

チェルシー移籍初年度は、アントニオ・コンテ監督の下WBを務め、積極的に攻撃参加をすると、DFながらリーグ戦6ゴールを記録しました。

豊富な運動量から攻守でピッチを駆け回り、攻撃では前線へとボールを運び、精度の高いクロスや、DFながらパンチ力のあるミドルシュートを放ちます。

また、188cmという体格を活かした対人の守備にも強く、空中戦での強さを見せたり、足の長さを活かしたスライディングでボールを刈り取ります。

ハキム・ツィエク(MF)

 

市場価値:3800万ユーロ(約50億円)

 

トゥヘル監督就任以降、システムの変更から、自身のストロングポイントを中々発揮できず、今夏での移籍の可能性が報道されています。

 

中でもACミランが獲得に強い興味を示しており、

ローンでの獲得が可能となった場合、すぐさま交渉の席に着くことも報じられています。

 

ツィエクは左利きで、トップ下や右ウイングでのプレーを得意としています。

精度の高いパスやアシスト性のパス、カットインからのクロスやシュート、前線にボールを運ぶドリブルなど、

様々なスキルを高レベルでこなし、ゲームメイクやチャンスメイク、アシストやゴールなどに絡める選手です。

 

オランダ時代のトゥウェンテ、アヤックスでは2014-15~2019-20シーズンまでの6シーズン全てで、

2桁アシストを記録していて、自身もアシスト王に3度輝いています。

トゥヘル監督の下では主に2シャドーの一角として起用されていますが、戦術上、ツィエクが得意とするスペースが使えず、結果を出せずにいます。

オリヴィエ・ジルー(FW)

 

市場価値:400万ユーロ(約5億2000万円)

 

34歳のベテランとなったジルーですが、トゥヘル監督の下での起用は少なく、今夏での移籍の可能性が高くなっています。

また、チェルシーとジルーの間で、

国外(イングランド以外)への移籍に限りフリーでの退団が可能という契約を結んでいると報道されています。

このため、ハキム・ツィエクと共にACミランが狙っているとされていますが、

チェルシー側がフリーでの移籍を拒否しているとも報道されていて、続報を待つばかりとなっています。

 

近年のジルーは得点を積み重ねる選手ではなくなってきていますが、

フィジカルの強さを活かし、ポストプレーや溜めを作り、味方が動き出す時間やスペースメイクをします。

フランス代表でも、カリム・ベンゼマが代表復帰する前はセンターフォワードの位置で、

キリアン・エンバペやアントワーヌ・グリーズマンを活かす黒子として機能し、ベテランになっても代表に呼ばれ続けています。

また、豪快なシュートから泥臭いゴールなど、大事な場面で得点することも多く、ジルーが重宝される選手である理由とも言えます。

 

スポンサーリンク

最新チェルシー2021夏移籍噂の補強ポイント

ポジション別に整理していくと、

GKは、

エドゥアール・メンディが継続して正GKを務めると見られています。

サブには、加入当初は正GKを務めていたケパ・アリサバラガがいますが、移籍の可能性が囁かれているほか、第3GKのウィリー・カバジェロが契約満了のため退団が決まっています。

このため、サブのGK獲得が濃厚となっています。

 

DFは、

CBにチアゴ・シウバ、アントニオ・リュディガー、アンドレス・クリステンセン、セサール・アスピリクエタが主力として計算され、

クル・ズマがサブを務めると見られています。

 

一方でトゥヘル監督が得意とする3バックの戦力を安定させるために、主力級のCB獲得の可能性も高くなっています。

主にジュール・クンデ、ラファエル・ヴァランの名前が挙がっていますが、セビージャが設定しているクンデの移籍金が高額であることや、

ヴァランはマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が濃厚となっていることから、今夏での補強は見送る可能性もあります。

 

WBには、リース・ジェームズベン・チルウェルが継続して主力を務めると見られています。

控えには左にマルコス・アロンソエメルソン・パルミエリがいます。

右のポジションにはローンから復帰したダヴィデ・ザッパコスタのみとなっていますが、ザッパコスタには複数のクラブが獲得に興味を示しています。

そのため、今夏ではインテルのアクラフ・ハキミ獲得に向けて動いていましたが、パリ・サンジェルマンへの移籍が決定しました。

 

また、マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督がリース・ジェームズ獲得を熱望しているとも報道されていますが、

チェルシー側に放出のメリットがないため、実現は極めて低いと見られています。

 

守備的MFは、

エンゴロ・カンテジョルジーニョが継続して主力になると見られています。

サブには攻撃で起点になれるマテオ・コバチッチがいますが、守備的MFの控えがいないため、主にカンテのバックアッパーとなる選手の獲得が濃厚となっています。

 

攻撃的なMFやウイングには、カイ・ハヴァーツ、メイソン・マウントが主力になると見られ、

サブには、クリスティアン・プリシッチ、ハキム・ツィエク、カラム・ハドソン=オドイがいます。

このポジションは、退団がない限り特別な補強は行わないと見られています。

 

FWは、

ティモ・ヴェルナー、タミー・エイブラハム、オリヴィエ・ジルーがいます。

昨シーズン、2トップの一角や3トップのセンターを務めたヴェルナーですが、得点部分での貢献が乏しく、新シーズンは第1FWとして見られていない可能性が高いほか、

タミー・エイブラハムは、チェルシーが今夏のトップターゲットにしているハーランド獲得の交渉に含める動きが見られ、オリヴィエ・ジルーにも移籍の可能性があります。

このことから、今夏でのセンターフォワードの補強が確実と報道されています。

 

一方で、主力級のセンターフォワードを獲得した場合、戦術によりヴェルナーをシャドーで起用したり、2トップの一角で起用することも可能になります。

 

また、チェルシーはローン移籍から復帰する選手も多く抱えており、

DF
マラング・サール
イーサン・アンパドゥ
ダヴィデ・ザッパコスタ
アブドゥル・ラフマン・ババ

MF
ルイス・ベイカー
ルベン・ロフタス=チーク
ロス・バークリー
ケネディ
ティエムエ・バカヨコ
ダニー・ドリンクウォーター

FW
アルマンド・ブロヤ
ミシー・バチュアイ

などがいます。

 

今夏のチェルシーは、主に右SB・WB、守備的MF、センターフォワードの補強が濃厚となっています。

補強予算は昨シーズンに引き続き300億円とも見られていて、適材適所に主力選手を獲得し、チームの総合力アップを図ります。

放出の面では、トゥヘル監督就任以降、主力として戦った選手たちの移籍の可能性は低いと見られ、ローンから復帰してきた選手たちの整理が主になると見られます。

 

スポンサーリンク

最新チェルシー2021夏移籍決定情報

IN
ロメル・ルカク(FW)
移籍元:インテル・ミラノ
移籍金:9750万ポンド(約147億円)

OUT
ビリー・ギルモア(MF)
移籍先:ノリッジ・シティ
移籍金:ローン移籍

マルコ・ファン・ヒンケル(MF)
移籍先:PSV
移籍金:フリー(0円)

ヴィクター・モーゼス(FW)
移籍先:スパルタク・モスクワ
移籍金:500万ユーロ(約6億6000万円)

フィカヨ・トモリ(CB)
移籍先:ACミラン
移籍金:2900万ユーロ(約38億円)※買取OP行使

タミー・アブラハム(FW)
移籍先:ASローマ
移籍金:4000万ユーロ(約51億円)

ミシー・バチュアイ(FW)
移籍先:ベシクタシュJK
移籍金:ローン移籍(0円)

エメルソン・パルミエリ(DF)
移籍先:オリンピック・リヨン
移籍金:ローン移籍(50万ユーロ(約6400万円))

 

スポンサーリンク

まとめ

チェルシーの2021夏の移籍情報、噂の獲得・放出候補と補強ポイントについてまとめてみました(^^)/

昨シーズンはフランク・ランパードを解任し、トーマス・トゥヘルを新監督として招聘したチェルシーでしたが、

これが奏功し、チームを立て直したほか、チャンピオンズリーグ優勝というビッグサプライズがありました。

2021-22シーズンでは更なるタイトル獲得の為、膨大な補強予算が用意されていると見られ、大型補強が実現するのか注目が集まります。

一方でトゥヘル監督には、ドルトムントやパリ・サンジェルマンなど、これまで結果を残しながらもフロントとの確執が報じられています。

これが一つの心配材料と言えますが、チェルシーでは長期政権を築くことが出来るのか注目していきましょう(^^)/

 

>>【関連】チェルシー開幕戦スタメン予想!フォーメーションと注目選手も!【2021-22プレミアリーグ】

>>【プレミアリーグ2021-22中継はDAZN独占!】そのDAZNを徹底評価!悪い評判は本当?94名の感想と口コミまとめ!【2021年最新】

>>【BIG6の動向をチェック!】最新プレミアリーグ2021夏移籍市場の獲得・放出の噂と補強情報まとめ|イングランド・ビッグ6チーム別

 

スポンサーリンク