J1順位予想2020!優勝争い・ACL出場権・降格ライン予想はこちら!

J1順位予想2020!優勝争い・ACL出場権・降格ライン予想はこちら!

こんにちは!

2019シーズンのJ1は稀にみる大混戦の中、横浜F・マリノス15年ぶりリーグ制覇を達成しました(^^)/

年々リーグのレベルが上がっているかのように感じ、2020シーズンJ1リーグがどう展開されていくのか、

今からとてもワクワクしています(^^)/

ということで、今回は2020シーズンのJ1最終順位優勝争いACL出場枠降格争いについてそれぞれ予想していきます(^^)/

 

J1順位予想2020!優勝争い・ACL出場権・降格ライン予想はこちら!

【結論!】J1順位予想2020

まずは、2020シーズンJ1最終順位を次のように予想します!!

1位:横浜F・マリノス

2位:川崎フロンターレ

3位:ヴィッセル神戸

4位:鹿島アントラーズ

5位:セレッソ大阪

6位:柏レイソル

7位:FC東京

8位:北海道コンサドーレ札幌

9位:サンフレッチェ広島

10位:大分トリニータ

11位:ガンバ大阪

12位:サガン鳥栖

13位:浦和レッズ

14位:ベガルタ仙台

15位:清水エスパルス

16位:名古屋グランパス

17位:湘南ベルマーレ

18位:横浜FC

いかがでしょうか(^^)/

あなたの応援しているチームは何位になっているでしょうか。

2020年1月4日時点での各チームの補強2019シーズンの戦況・振り返りを基に予想しちゃいます(^^)/

この後に、優勝予想ACL出場権争い降格争いについてそれぞれ詳しくまとめていますのであわせてご覧ください(^^)/

それでは、早速優勝争いの予想から見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

J1優勝争い予想2020

2020シーズン優勝チームを、◎:本命〇:対抗、▲:穴で次のように予想してみました!

◎:横浜F・マリノス

〇:川崎フロンターレ

▲:ヴィッセル神戸

 

2020年のJ1リーグに関しての最大の注目点は、横浜F・マリノス15年ぶりリーグ連覇を達成できるかどうかに注目が集まるリーグになると思います。

2019シーズン多くのサッカーファンを魅了し、リーグ制覇を達成したポステゴグルー監督率いるマリノスのサッカーは、2020シーズンもさらなる進化を遂げることは間違いと考えます。

また、主力組の残留積極的な補強リーグ連覇に向けての大きな好材料といえます。

まずは、2019シーズンチームの核となる活躍を見せた、チアゴ・マルチンスティーラトン完全移籍での獲得に成功したことです。

加えて、FWの補強に、オナイウ阿道(←大分)、MFの補強に仙頭(←京都)の獲得に現段階で成功しています。

特に2019シーズン、大分でリーグ戦10得点を達成したオナイウに関しては、2019シーズン得点王に輝いた、仲川マルコス・ジュニオールに続いての得点源になれることができれば、リーグ屈指の攻撃力の恐怖はさらに増すことになると思います。

その他にも、C大阪水沼や、仙台DF永戸らの獲得が噂されており、2020シーズンへ向けての準備は着実に進んでいます。

ただ、一つ懸念されるのはACLによる選手の負担かと思います。

過去4度挑戦したACLでは3回GLで敗退するなど、アジアの中では結果を残せていません。

Jリーグ王者として出場する今大会は、最低でもGL突破は達成してほしいところです。

リーグとACLを戦っていく上で、ポステゴグルー監督の采配にも注目していきたいと思います。

 

次に対抗と予想した川崎フロンターレですが、鬼木監督の続投が決まった2020シーズン圧倒的な攻撃力試合を勝ち切る力マリノスにも引けを取りません。

ただ、チームの大黒柱である中村憲大けがによる離脱は、チームにとって大きなマイナスになると思います。

そこで、求められるのは若手の成長です。

2019シーズン終盤から活躍した脇坂ベストヤングプレーヤー賞を受賞し、E-1選手権で代表デビューを飾った田中新加入選手としてドリブルが魅力の三苫(←筑波大)、旗手(←順天堂大)などの若手が活躍すると、チームの勢いは簡単に止めることはできないと思います。

また、2019シーズン固定できなかった右SBの補強に成功できれば、王座奪還”も視界良好だと思います。

 

最後にとして予想したヴィッセル神戸ですが、ビジャイニエスタポドルスキ“VIP”を擁する豪華メンバーで臨んだ2019シーズンでしたが、スタートダッシュの失敗や監督交代など、一時は降格争いまで順位を落とすなど不本意なシーズンに終わってしまいました。

しかしフィンク監督就任以降は、チームとなる天皇杯での決勝進出を決めるなど、徐々に本領を発揮しています。

ビジャが引退を表明し、ポドルスキの去就も今のところは定かではありませんが、イニエスタ2019シーズン大ブレークした古橋を擁する強力攻撃陣2020シーズンも健在です。

GK飯倉DFダンクレーフェルマーレンを中心とし、攻撃と守備のバランスが図れると、悲願の初優勝”の可能性は非常に高くなると思います。

 

スポンサーリンク

J1ACL出場権争い2020

次に、ACL出場枠争いを予想していきます!

今回も、◎:本命〇:対抗▲:穴で予想してきます!

◎:鹿島アントラーズ

〇:セレッソ大阪

▲:柏レイソル

 

まず本命と予想した鹿島アントラーズですが、2019シーズンも終盤こそ失速はしまいましたが、主力の相次ぐ海外移籍怪我等で選手が離脱する中、優勝争いに加わったことは、さすが“常勝軍団鹿島”を思わせる戦いでした。

しかし今回優勝争いから脱落した理由としては、大岩監督退任がチームにマイナスの影響を与えることは少なくないと考えたからです。

現段階では、新監督の公表はされてはいませんが、ここ最近のアントラーズの監督事情を見てみると、新監督の初年度のリーグ戦は苦労しています。

ブラジル人監督になる可能性が高いと思われますが、そろそろオリベイラ監督のような安心して任せられる監督を招聘したいところです。

 

次に、対抗として予想したセレッソ大阪ですが、2019シーズンは、34試合わずか25失点と、守備面では驚異的な数字を残したセレッソですが、一方34試合39得点という得点不足がチームの勢いを弱める原因となってしまいました。

そんな中、2020シーズンは、FW都倉の怪我からの復帰はチームにとってポジティブな材料になるといえます。

また、ルーキー西川(←桐光学園)の働きにも注目したいところですね!!

攻撃陣がうまく噛み合えば、ACL出場の可能性は大いにあると思います!

 

最後にとして予想したチームは、昇格1年目から上位を狙えるチャンスがある柏レイソルです。

1年でのJ1復帰を決めたですが、GK中村東京五輪候補のDF古賀FWクリスティアーノと戦力だけ見るとJ1でも上位クラスだと思われます。

さらにこのオフシーズンも、DF大南(←磐田)、高橋祐(←鳥栖)という即戦力の選手の獲得に成功しています。

また、FW呉屋(V長崎)の加入も確実視されているなど、J1復帰1年目に向けて準備は着実に進んでいます。

J1の舞台でもらしい堅実なサッカーが展開できれば、復帰1年目でのACL出場の可能性は少なからずあると思います。

 

J1降格争い予想2020

最後に、2020シーズンJ1降格争いを予想していきます。

今回は、自動降格チームを2チーム入替戦チームを1チームずつ予想しています。

自動降格:横浜FC,湘南ベルマーレ

入替戦:名古屋グランパス

 

まずは、自動降格と予想した1つ目のチームである横浜FCについて述べていきます。

2007年以来13年ぶりJ1復帰横浜FC日本サッカー界のレジェンドである、キングカズ中村俊輔らがJ1に帰ってくるということで、2020シーズンJ1大いに盛り上がると思います。

しかしチームの選手力・層の厚さに関しては、他のチームより劣っていることが現状です。

このオフでは、J1経験のある即戦力選手を獲得することは絶対条件になると思います。

しかしそれでも、近年ますます厳しい戦いを繰り広げているJ2リーグを、2019シーズン2位で終了し自動昇格を自らの手で掴み取った実力はあります。

厳しい戦いが予想されますが、どんな形でも勝ち点をコツコツと積み上げることができれば、残留は必ずしも無理な話ではないと思います。

 

次に2つ目自動降格に回るチームとしてと予想した湘南ベルマーレですが、2019シーズンは、パワハラ問題によって曺前監督解任し、その後のリーグ戦は厳しい戦いが長く続きましたが、入替戦の末、何とか残留を決めることはできました。

2020シーズンも、2019シーズン途中から就任した浮嶋監督の続投が決定しましたが、引き続き困難な挑戦になることは間違いないと思われます。

杉岡をはじめ、一部主力選手移籍が流れていますが、そこは何としても引き止めたいところです。

しかし曺前監督が作り上げた湘南スタイルは、サッカーファンとして、かなり魅力的であり面白いと思います。

もう一度、自分たちのスタイルプライドを持ち、ファンを含めチームが一体となれば、降格争いからすぐに抜けることはできる力は持っていると思います。

 

入替戦に回ると予想したのが名古屋グランパスですが、2019シーズン13位で終了し、フィッカデンティ監督続投が既に決定していますが、監督就任後の成績は1勝4敗3分けでした。

サポーターからすると、監督続投のこの報道に大きな疑問を抱いた人がいるのも仕方がないと思います。

今オフの最大のテーマは、フィッカデンティ監督スタイルにマッチする選手の獲得を進めることです。

また、2019シーズンは不本意な成績に終わったFWジョーらが、本来の実力を発揮することができれば、上位を伺えるだけの高いポテンシャルは持っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

2020シーズンJ1リーグ最終順位優勝予想ACL出場枠争い降格争いについて予想してみました(^^)/

Jリーグファンとしては、来シーズンの開幕まで待ちきれませんね!

また、各チームの移籍や、キャンプ情報など続々と新シーズンにむけて動き出しが伝えられると思いますので最新情報にも注目していきたいと思います(^^)/

2020シーズンも、多くのサッカーファン熱狂できる、非常に熱い戦いを期待しましょう!!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク