ゼロックススーパーカップ2020横浜Fマリノスのスタメン予想!注目選手とフォーメーションも!

ゼロックススーパーカップ2020横浜Fマリノスのスタメン予想!注目選手とフォーメーションも!

こんにちは!

Jリーグチャンピオンと天皇杯チャンピオンが戦うゼロックススーパーカップ2020

ヴィッセル神戸戦に臨む横浜Fマリノスのスタメンを予想します(^^)/

両チーム圧倒的な攻撃力と多くのタレントを抱えるだけに観ている人たちが楽しい試合になると思います(^^)/

新たなシーズンを占う一戦に注目です(^^)/

それでは、ゼロックススーパーカップ2020横浜Fマリノスのスタメン・フォーメーション予想と注目選手をご覧ください(^^)/

 

ゼロックススーパーカップ2020横浜Fマリノスのスタメン予想!注目選手とフォーメーションも!

横浜Fマリノスの強み

Jリーグのオリジナル10のチームで一度も2部降格を味わった事のない伝統チームで、昨シーズンに15年ぶりにリーグ優勝をした経験は大きな強みだと思います。

ポステコグルー監督の3シーズ目に入る今シーズンも昨シーズン結果が実った攻撃的サッカーで観る人を魅了してくれると思います。

ポステコグルー体制1年目の2018年シーズンはリーグ戦12位でしたが、リーグ優勝した昨シーズンの勝負強さと攻撃力は大きな強みだと思います。

3年連続でチームスローガンを「Brave&challenge 勇猛果敢」に掲げ、攻撃、守備両面で対戦チームを圧倒した力を魅せてくれるでしょう。

 

スポンサーリンク

横浜Fマリノスの弱み

弱みとして挙げられる点は、あまりないように感じます。強いて言えばベンチの選手の活躍が昨シーズン序盤は特に少なかったと思います。

今シーズンは水沼選手(前セレッソ大阪)、オナイウ阿道選手(前浦和レッズ)、J2リーグで活躍した仙頭選手(前京都)、杉本選手(前徳島)ら攻撃陣に実績と能力の高い選手を獲得しました。

前線のマルコスジュニオール選手、エリキ選手、エジガルジュニオ選手、仲川選手ら強力な個性を持った選手らに代わる活躍を途中出場した選手が結果を出す事を新加入の選手に期待したいです。

もちろん昨シーズン活躍した遠藤選手や大津選手が途中から出場、スタメンでの出場時にも流れを変えるプレーに期待したいです。

守備面での補強も多く、ACLも戦う今季は昨シーズン後半に見せたサブ選手の活躍が必要不可欠だと思います。

 

スポンサーリンク

ゼロックススーパーカップ2020のスタメン予想

さあ、というわけで、ゼロックススーパーカップ2020のスタメン予想に入ります!

ポジション別に予想します!

GK予想

パクイルギュ選手

昨シーズン移籍初年度で正ゴールキーパーの座を獲得し、高いディフェンスラインの広大なスペースを埋める力、セービング力は高いスキルを持ち、攻撃的なサッカーを守護神として支えています。

DF予想

右サイドックは松原選手

偽サイドバックと呼ばれるポジションを見事にこなし、時にはトップ下の位置に入り見事なスルーパスでアシストをしたりと豊富な運動量と技術を持った選手です。

 

センターバック2枚は、畠中選手とチアゴマルチンス選手

二人が安定したディフェンスを披露した事が、昨シーズンの優勝を勝ち取れた要因としては大きいのではないでしょうか。畠中選手は日本代表に選出され、チアゴマルチンス選手はJリーグベストイレブンを受賞し、見事な活躍をした事を表していると思います。

 

左サイドバックは、ティーラトン選手

タイ出身の選手として、初めてJリーグで優勝チームで活躍しました。左足の精度の高いミドルシュートで昨シーズン3点決め、優勝決定の最終試合でもゴールを決め貢献しました。Jリーグの優秀選手を獲得し、今季も期待ができそうです。

 

MF予想

ボランチ2枚は喜田選手と扇原選手

喜田選手は個性あふれる選手たちをキャプテンとしてまとめ上げ、自身も初のベストイレブンに選出されました。優勝後のインタビューでは涙を見せ、アカデミー出身として15年前以来の優勝をサポーターに届ける事が叶った事の達成感と苦労が溢れていました。

扇原選手は持ち前のボールを散らすテクニックと前線に上がり得点を決める持ち味を存分に出し、攻撃的な選手達のバランスを上手く取れる選手です。

二人の優勝後の抱擁のような姿が今シーズンも見れることを期待しています。

 

トップ下は、マルコスジュニオール選手

攻撃の能力がとても高く、点を決める、アシストをする事ができる選手です。

昨シーズンはベストイレブン、得点王と個人タイトルを獲得し、素晴らしい活躍をみせました。守備でのチームへの貢献も高い選手です。

FW予想

3トップは、仲川選手、エリキ選手、遠藤選手

3選手ともに速く、強く、上手い個性の溢れる選手だと思います。

仲川選手は昨シーズンのベストイレブン、得点王、MVPを獲得し、日本代表にも選ばれました。スピードに乗ったドリブルは止める事が難しく、点を獲ることができ、元々の能力が覚醒した選手です。

エリキ選手は昨シーズン途中から加入し、12試合で8得点と抜群の得点力を持つ選手です。元U-23ブラジル代表の力を発揮し、優勝に大きく貢献しました。

遠藤選手はドリブルが得意な選手で、左サイドから中にも切り込みカットインしてのシュートが持ち味です。昨シーズン最終節に見せた縦に仕掛けてゴールを決めたシーンのようにドリブルで相手を困らせるプレーができる選手です。

 

スポンサーリンク

ゼロックススーパーカップ2020のフォーメーション予想

 

GK :パクイルギュ

DF :松原  畠中 チアゴマルチンス ティーラトン

MF :喜田  扇原  マルコスジュニオール

FW :仲川 エリキ 遠藤

 

昨シーズンの優勝メンバーをベースに予想しました。

監督の戦術を理解した選手で臨み、タイトル奪取に挑むのではないかと思います。

結果がでたサッカーで自信を持ち、プレーして姿が想像できます。

 

スポンサーリンク

注目選手・メンバー

仲川輝人選手

背番号23 FW

27歳 161cm 57kg

ハマの新幹線の異名をもち、スピードを活かしたドリブルが武器です。

体は小さいですが、ドリブルのコース取りが上手く、シュートを打つタイミングがキーパーの予測できないタイミングなのでゴールを量産できる力があります。

昨シーズンは、個人タイトル、チームのタイトルも獲得し順風満帆なシーズンだったかと思います。日本代表にも選出し東アジア選手権で初出場を飾りました。

個人としてもより高みへ、チームもアジアでのタイトル、国内タイトルを目指してほしいです。

マルコス・ジュニオール選手

背番号9 FW

27歳 167cm 66kg

ユース年代のブラジル代表に選ばれた事もある得点力のあるストライカーです。

昨シーズンはトップ下としてアシスト、守備でも貢献したサッカーを知っている選手です。

15得点を記録し、同チームで得点王を譲り合った仲川選手と競い合ってより多くの得点に期待したいです。漫画ドラゴンボールが好きで、ゴールパフォーマンスは、かめはめ波などをしており、今シーズンもパフォーマンスを見る機会が増えると思います。

畠中槙之輔選手

背番号44 DF

24歳 184cm 80kg

昨シーズン日本代表デビューし、7試合に出場した今後の成長が期待される選手です。守備の読みの良さと攻撃のスイッチを入れられるビルドアップが特徴です。チアゴマルチンス選手とのコンビで守備を支えました。横浜のDFは歴代日本代表として活躍した選手が多く、畠中選手にもポテンシャルはあると思いますし、代表選手としても活躍を期待したい選手です。

 

スポンサーリンク

まとめ

ゼロックススーパーカップ2020の横浜Fマリノスのスタメン・注目選手とフォーメーション予想でした。

昨シーズン、Jリーグを制した圧倒的な攻撃サッカーに磨きをかけ今シーズンも内容、結果を追い求めて戦ってほしいですし、難敵でタレント軍団であるヴィッセル神戸を圧倒する姿を期待しています(^^)/

 

スポンサーリンク