viagogoで海外サッカー観戦チケットを購入する方法【基礎知識】

viagogoで海外サッカー観戦チケットを購入する方法【基礎知識】

こんにちは!

海外観戦チケットを購入する際、チケット売買サイトを利用することができます。

世界最大級のサイトviagogoが有名ですが、初めて名前を聞いた人、知っていたが利用したことがないという方もいると思います。

そこで、viagogo(ビアゴーゴー)とは何か、特徴や利用方法、利用時の注意点をまとめてみました!

viagogoで海外サッカー観戦チケットを購入する方法【基礎知識】

viagogoでどんなチケットが購入できるか

viagogoとは世界60か国以上で展開されているチケット売買サイトです。

海外のチケットはもちろんのこと日本国内のイベントチケットにも対応しています。

サイトでは日本語も使用でき、さらには支払いも日本円で行えるので、『為替を調べて日本円に換算する』などの手間が省けるのが嬉しいですね。

またviagogoはチケットを売買したい「個人」と「個人」を繋ぐだけでなく、いくつかのスポーツチームやアーティストや団体とパートナーシップを結んでおり

それらのチケットの公式なチケット販売ページでもあるのです。

viagogoの特徴と利用方法

先ほども書いたとおりスイスに本拠地を置いている会社なのでヨーロッパで人気のあるイベントのチケットに強いのが特徴です。

サッカーを例にしてみると、パリ・サンジェルマンとパートナーシップを結んでいたり、UEFAチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ

各国のリーグ戦、カップ戦。各国代表の試合などありとあらゆるチケットが用意されています。

ただ、あくまで「個人と個人」のやりとりがベースになっているのでパートナーシップを結んでいない限りは

「売ってくれる個人」が居なければ基本的にはチケットはありません。

 

利用方法は前述した通りサイト自体が日本語に対応しているのでとても簡単です。

サイトにアクセスするとトップページにカテゴリーが表示されており、そこから欲しいチケットを検索していくか

検索窓もトップページにあるので、そこに見た試合のチーム名やリーグ名など該当するであろうワードを入れれば検索できます。

最後まで日本語で完結できるので、各チームの公式ホームページで購入するよりも圧倒的に楽に手続きを終えることができます。

viagogoのチケット値段と手数料

viagogoはチケットを定価で販売するサイトではありません。チケットの価格はチケットを売りたい人が決定します。

ですので、人気のあるチケットはもちろん高く設定されますし、逆にあまり人気のないチケットに関しては多少ですが定価割れすることもあります。

また、viagogoは海外の販売者と購入者を繋いでいるサイトなので、利用時にはどうしても手数料がかかってしまいます。

手数料は購入したチケットの15%と決められています。1万円のチケットを買ったとしたら1万1500円になる計算です。

また、その他にチケットを紙で郵送してもらう場合には、その送料も購入者側の負担となるので注意が必要です。

スポンサーリンク

viagogoで購入したチケットの受け取り方法

受け取り方法は3パターンです。

紙のチケットを送ってもらうかメールでeチケットを受け取るか、現地で紙のチケットを受け取るかの3パターンになります。

前述したとおり、紙のチケットの場合は送料がかかりますが、メールでeチケットを送ってもらうので無料です。

現地での受け取りに関しては事前に現地のホテルにコンタクトを取ったり、受け取りのやりとりを現地の言葉で行う必要があります。

ホテルにチケットの受け取りを依頼し忘れたりすると、ホテル側はチケットの受け取りを拒否したりする事例もあるようなので、この方法の使用には相当の言語力が必要です。

viagogoの保障・返金

viagogoがここまで世界で評価される理由の一つに手厚い保障があります。

公演がキャンセルになったり、主催者側の都合で入場することができなかった場合はviagogoがチケット代金全額返金保証をしています。

さらに紙のチケットを依頼した場合にはチケットの追跡サービスも付帯しており、チケットの現在地を確認することができます。

viagogoで購入後のキャンセル

チケット購入完了後のキャンセルはviagogoでは一切受け付けていません。

では、viagogoで間違ったチケットを購入してしまった場合は泣き寝入りしかないのでしょうか?そんなことはありません。

方法としては2パターンです。

前述した通りviagogoは「販売者」と「購入者」を繋いでいます。販売者に直接連絡を取り当事者同士でのやりとりの上、合意が得られればキャンセルも可能です。

しかし、海外のチケットである場合、販売者は外国人であることがほとんどです。現地語で事情を説明し同意を得るのはなかなか難しい作業だと思います。

もう1つのパターンはviagogoがヘルプセンターに載せている公式の方法です。

一旦、チケットは購入し、再度viagogoで出品して売ってください。という方法です。

これは、通常の「キャンセル」でイメージする内容と違うと思われる方が多いですよね。

この「キャンセル」についての考え方の違いについて、十分注意しておく必要があります。

 

↓viagogoへはこちらから!毎日、チケット情報は更新されています。↓

まとめ

viagogoは海外のチケットに対して強いサイトです。

購入後の保障も手厚く、かつ最後まで日本語で購入できるのは公式ホームページや他のサイトではなかなかマネのできない素晴らしい利点です。

しかし、購入後のキャンセルを受け付けていない為、購入には細心の注意が必要です。

viagogoでチケットを購入する場合は確実な日程で確実に行ける日のチケットを購入するなどして

不明確な状態ではチケットを購入しないようにするのがベストな方法ではないかと思います。

スポンサーリンク