U22コロンビア戦テレビ放送とサッカー日本代表スタメン予想!キリンチャレンジカップ広島(2019/11/17)

U22コロンビア戦テレビ放送とサッカー日本代表スタメン予想!キリンチャレンジカップ広島(2019/11/17)

こんにちは!

いよいよ地元開催の東京五輪が開幕する2020年まで残りわずかとなりました。

五輪世代のU-22日本代表も活動を本格化し、11/17(火)のU-22コロンビア代表戦には、これまでA代表に招集されていた久保健英選手堂安律選手などが初めて合流します。

これから本番に向けてどのような布陣や戦いを見せてくれるのでしょうか。

それでは、キリンチャレンジカップ2019U-22コロンビア戦のスタメンとフォーメーション予想いってみましょう!

 

U22コロンビア戦テレビ放送とサッカー日本代表スタメン予想!キリンチャレンジカップ広島(2019/11/17)

U22コロンビア戦テレビ放送予定・キックオフ時間

キリンチャレンジカップ2019、U22コロンビア代表戦の放送予定は次のとおりです!

放送局・時間 試合日時(日本時間) 対戦カード・会場 形態
フジテレビ系
12:30-14:55
2019年11月17日(日)
12:50 キックオフ予定
U22日本代表 対 U22コロンビア代表
会場:エディオンスタジアム広島
全国生中継!

U22日本代表メンバー一覧

Pos. 選手名 所属クラブ ひとことコメント
GK 大迫敬介 広島 五輪代表の正GK候補No1。ポジショニングやセービングも所属の広島で日に日に成長を見せている。
GK 谷晃生 G大阪 主にU-23チームでJ3に参加し、ビッグセーブを連発している。カップ戦でトップチームデビューも果たしており、これからの成長と経験値アップを期待したい。
DF 板倉滉 フローニンゲン 既にA代表でも出場経験があり、U22ではリーダーとしてDF陣を引っ張る活躍を期待。
DF 渡辺剛 東京 ルーキーで加入初年度ながら躍進の東京で定位置を掴む活躍を見せている。
DF 岩田智輝 大分 A代表にも選出、出場済みで、SB、CBをこなすポリバレントさも備えている。
DF 町田浩樹 鹿島 Jリーグで首位に立つ鹿島を支えるCB。空中戦が得意で海外の屈強な相手にも競り負けない。貴重な左利きのCBでビルドアップも巧い。(※出場停止により招集見送り)
DF 立田悠悟 清水 右SB、CBもこなすDF。191cmの高身長で空中戦に滅法強い。
DF 原輝綺 鳥栖 コパアメリカにも出場したDF。サイドハーフやボランチもこなす器用さを持っており監督しては使いやすい選手。
MF 中山雄太 ズヴォレ U22代表のキャプテン。高精度の左足を持っており、親善試合ではブラジル相手にミドルを決めてみせた。
MF 三好康児 アントワープ コパでの2得点に続き、夏に移籍したベルギーでも即得点を決めるなど最近は得点力に磨きがかかっている。
MF 田中駿汰 大阪体育大 大学生で唯一の選出。札幌入団が内定。CBやボランチができ、攻撃でも守備でもチームに貢献できる選手。
MF 遠藤渓太 横浜FM 今季の横浜FMの躍進を支えるスピード豊かなサイドアタッカー。キレのあるドリブルからのシュートを得意としている。
MF 堂安律 PSV A代表でも主力として活躍しており、五輪代表のエース候補No1。念願のステップアップを果たしビッグクラブでも出場機会を得ておりさらなる活躍に期待。
MF 食野亮太郎 ハーツ 今季プレミア王者マンチェスターシティに移籍後、スコットランドにレンタル中。高い得点力とキレのあるドリブルでレンタル先でも活躍。
MF 菅大輝 札幌 札幌の星としてミシャ監督からの寵愛を受ける選手。ボディバランスとスタミナに優れたファイターで、小柄だがパワーを秘めている。
MF 田中碧 川崎 ブラジル戦で殊勲の2得点をあげ世界を驚かせたMF。抜群のパワーと精度を誇るミドルシュートが特徴。所属クラブで大島や守田など代表クラスの選手と常に切磋琢磨し大きく成長している。
MF 橋岡大樹 浦和 浦和の右WBとしてレギュラーを確保している。ACLでも活躍しており、最近は攻撃の貢献度も徐々に増えてきている。
MF 菅原由勢 AZ この世代の海外移籍組で最も印象的な活躍を披露している。欧州ELでも得点やアシストを挙げている。SBもこなせるユーティリティー性も魅力。
MF 久保建英 マジョルカ 若干18歳ながらA代表にも定着しつつある天才。マジョルカでは定位置を失いつつあるので、代表では得点をあげてアピールをしたい。
FW 小川航基 水戸 今季レンタル移籍で磐田を飛び出してチャンスを掴み、持ち前の得点力が復活した印象。メンタルが強く大舞台にも強い選手なので本番での活躍に大いに期待。
FW 前田大然 マリティモ 今季ポルトガルに移籍。初スタメン初ゴールも挙げた。課題の得点力の向上を目指して貪欲にゴールを目指して欲しい。
FW 上田綺世 鹿島 法政大から前倒しで鹿島に入団し即得点を挙げるなど活躍している。コパで味わった悔しい思いを地元開催の五輪で晴らして欲しい。

 

スポンサーリンク

コロンビア代表:対戦成績と分析

2019年10月24日に発表された最新のFIFAランキングでは10位(日本は28位)、南米サッカー連盟内では4位となっています。

2014年W杯ブラジル大会でベスト8、2016年W杯ロシア大会ではベスト16に進出した南米の強豪国です。

過去2大会のW杯のグループステージで対戦したのは記憶に深く残っているところです。

U-23チームは、2016年のブラジルリオ五輪でベスト8まで進み、当時のメンバーにはレルマ(ボーンマス)など現A代表の主力選手がおり、今回の来日メンバーにも既にA代表で出場歴のある選手もいます。

また、今年の5~6月に行われたU-20W杯でベスト8に進出しており、若年層の大会で強さを発揮しています。

過去の五輪世代の日本代表との対戦は、2016リオ五輪のグループステージで対戦し2-2の引き分けに終わっています。

コロンビア代表は、ハメス・ロドリゲス(レアルマドリード)クアドラード(ユベントス)のようにテクニックにすぐれた攻撃で力を発揮する選手が有名ですが、ダビンソン・サンチェス(トッテナム)のようにフィジカルに優れたDFも輩出しています。

今回のキリンチャレンジカップ2019に招集されたメンバーは以下の通りです。

GK:
ケビン・レオナルド・ミアー・ロブルズ(インデペンディエンテ・サンタフェ)
エステバン・アルマンド・ルイス・モリーナ(エンビガドFC)

DF:
アルヴァロ・アングロ(リオネグロ・アギラス)
アンドレス・バランタ(デポルティーボ・カリ)
アンドレス・レイズ(アトレティコ・ナシオナル)
ブライアン・ベラ(レッチェ/イタリア)
アンドレス・ソラーノ(アトレティコ・マドリード/スペイン)
カルロス・クエスタ(ヘンク/ベルギー)
エドゥアルド・アトゥエスタ(ロサンゼルスFC/アメリカ)
エディー・セグラ(ロサンゼルスFC/アメリカ)

MF:
ルイス・サンドオーヴァル(アトレティコ・ジュニオール)
ホアン・パブロ・ラミレス(アトレティコ・ナシオナル)
ケヴィン・アグデロ(ジェノア/イタリア)
ハイメ・アルベルト(エルクレス/スペイン)
ニコラス・ベネデッティ(クラブ・アメリカ/メキシコ)

FW:
カルロス・テラン(エンビガドFC)
マイコル・メディナ(パトリオタス)
ヨハン・カルボネーロ(オンセ・カルダス)
メンデル・ガルシア・トーレス(オンセ・カルダス)
リカルド・ルイス・マルケス・ゴンサレス(ウニオン・マグダレナ)
ルイス・フェルナンド・ミランダ・モリナレス(デポルティボ・ククタ)

監督:アルトゥーロ・レイズ

高いテクニックと柔らかいタッチのドリブルが特徴のニコラス・ベネデッティ、パワフルな左足を持つケヴィン・アグデロら中盤の選手に要注意選手がいますのでしっかり対応したいところです。

また、伊東純也選手の同僚で、CLでも出場機会を得ているカルロス・クエスタを中心とした粘り強い守備をいかに突破するかに注目が集まります。

U-22コロンビア代表は、来年1月から行われる東京五輪南米予選に向けて、チーム作りを行っている最中です。

今回の南米予選は地元コロンビアで開催される為、なんとしても予選突破を果たしたいところです。

予選突破に向けてチームの仕上げの時期に来ていますので、面白い戦いが見れるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

U-22コロンビア代表戦の予想スタメン

さあ、それではキリンチャレンジカップ2019U-22コロンビア代表戦のスタメン予想に入ります。

A代表経験組も初招集となり、現時点でのこの世代のベストメンバーが揃いましたので、どの選手がスタメン起用されるのでしょうか。

GK予想

GKは大迫敬介選手谷晃生選手が選出されています。

スタメン起用は大迫敬介選手だと思います。

所属の広島でがっちりと正守護神の座を確保し、Jリーグでの出場経験を積んでいます。

ポジショニングやコーチングの技術も日に日に成長しており、怪我等のトラブルが無い限り、大迫選手がファーストチョイスで間違いないでしょう。

DF予想

DFは3バックで左から板倉滉選手立田悠悟選手岩田智輝選手のスタメン起用を予想します。

A代表経験のある板倉選手、立田選手、岩田選手の3名で構成するバックラインは、いずれもフィジカル能力守備能力が高く堅いDFラインを構築できそうです。

五輪本番までこの3名を中心にDFラインのスタメン争いが続くのではと思います。

MF予想

MFは6枚でWBに左が遠藤渓太選手、右が橋岡大樹選手の予想です。

両選手ともに今季Jリーグで大きく成長しました。

遠藤選手はJリーグで優勝争いをする横浜FM、橋岡選手はACL決勝に望む浦和の主力に定着しており、今後更なる成長が期待されます。

ボランチの2枚は中山雄太選手田中碧選手がスタメンと予想。

10月にU-22ブラジル代表を撃破した際に活躍した中山選手と田中選手がボランチ争いでは一歩リードしていると見ています。

両名ともに強烈なミドルシュートを持っており、コロンビアの固いDF相手にどんどん得点を狙っていける選手達です。

トップ下に久保健英選手堂安律選手をダブルトップ下で起用してくると思います。

A代表組の両名は来年の本番を見据えてU-22日本代表に初めて合流します。

攻撃で違いを生み出すことを期待されており、今回のキリンチャレンジカップで一番の注目ポイントだと思います。

今季AZに移籍して印象的な活躍を見せている菅原選手、ハーツでキレのあるドリブルを見せている食野選手も途中出場で見たい選手です。

FW予想

ワントップは前田大然選手がスタメンと予想。

前線から攻撃も守備も両面で貢献できる選手ですのでスタートのファーストチョイスは前田選手だと思います。

移籍したポルトガルでは得点力の向上を自らの課題と明言しており、この試合でも何より得点が求められます。

大舞台に強く爆発力のある小川選手も途中から見てみたい選手です。

 

U-22コロンビア代表戦のフォーメーション予想

U-22日本代表では森保一監督が得意とする3-6-1(3-4-2-1)フォーメーションを予想します。

テクニックが高く、キープ力、打開力に優れた久保選手、堂安選手を中央に配置して、主導権を握って試合を進めて行きたいと思います。

 

GK
大迫敬介(広島)

DF
板倉滉(フローニンゲン/オランダ)
立田悠悟(清水)
岩田智輝(大分)

MF
遠藤渓太(横浜FM)
橋岡大樹(浦和)
中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
田中碧(川崎)
久保健英(マジョルカ/スペイン)
堂安律(PSV/オランダ)

FW
前田大然(マリティモ/ポルトガル)

 

スポンサーリンク

まとめ

キリンチャレンジカップ2019U-22コロンビア戦の日本代表スタメンを予想してみました。

東京五輪まで残すところ1年を切り、本番に向けて両チームとも仕上げの時期に差し掛かっています。

またA代表組から板倉選手、久保選手、堂安選手が加わり、五輪本番の18人という狭き枠に入る為、選手達は更に激しいサバイバルが待ち受けています。

U-22コロンビア代表としても年明けの1月には五輪出場を賭けた南米予選が始まる為、本気度も高く簡単な試合にはならないと思います。

注目要素盛りだくさんのキリンチャレンジカップ2019U-22コロンビア戦、日本代表がどんな戦いを見せるのか非常に楽しみです!

スポンサーリンク