【キリンチャレンジカップ2019】メンバー予想・発表!コロンビア・ボリビア戦の日本代表に招集しよう!

【キリンチャレンジカップ2019】メンバー予想・発表!コロンビア・ボリビア戦の日本代表に招集しよう!

こんにちは!

3月開催のキリンチャレンジカップ2019では、コロンビア代表、ボリビア代表との2連戦が予定されています。

そこで招集される日本代表メンバーは、アジアカップ2019に招集されていた欧州組の招集は難しいと言われています。

そこで、【アジアカップ2019に未招集 】であった選手で、今回のキリンチャレンジカップ2019に招集しても面白いぞ!っていうオススメ選手をピックアップしてみました!

森保ジャパンの選手層底上げに繋がる選手たちだと思います!

それでは、【キリンチャレンジカップ2019】このメンバーをコロンビア・ボリビア戦に招集しよう!お楽しみください!

★スタメン予想はこちら!
【キリンチャレンジカップ2019スタメン予想】コロンビア戦(3/22)サッカー日本代表の先発はこれだ!
【準備中】【キリンチャレンジカップ2019スタメン予想】ボリビア戦(3/26)サッカー日本代表の先発はこれだ!

スポンサーリンク

【キリンチャレンジカップ2019】このメンバーをコロンビア・ボリビア戦に招集しよう!

ある程度選手を入れ替えることは、森保監督も明言しています。次にあげる選手たちが入る森保ジャパンも魅力あると思います。

ポジション別にピックアップしてみましたよ!

オススメGK

選手名(所属チーム) コメント
中村航輔(柏レイソル/日本) Jリーグで活躍する日本人GKの中でも、セービング能力はずば抜けている。非常に優れた反射神経の持ち主で、至近距離の反応が特に素晴らしい。もはや野性的!。24歳と、年齢的にも2022年のカタールワールドカップで主軸になれる逸材なので、不足している代表経験をどんどん積ませてあげたい。
前川黛也(ヴィッセル神戸/日本) 今のJリーグの若手GKでは一番の注目株。荒削りの面はあるもののフィード力は高く、今後の成長に期待。
西川周作(浦和レッズ/日本) 代表若返りを目指している今の代表には難しいかもしれないが、GKから攻撃の起点を作れるキック力は魅力だし、冷静な判断力、ポジショニングも秀逸なので、若手GKのお手本としても招集してほしい。

オススメDF

選手名(所属チーム) コメント
昌司源(トゥールーズFC/フランス) フランス移籍で早々にレギュラーを掴み、体の強さや判断の良さに磨きがかかり、さらに対人プレーが成長した。カバーリング力も高いので、日本の守備の要として、近い将来、吉田選手や冨安選手といった森保ジャパンレギュラー陣とスタメン争いしてほしい。
初瀬亮(ヴィッセル神戸/日本) オーバーラップのタイミングと左右両足でボールを操れる技術はサイドバックなかなかいない。
橋岡大樹(浦和レッズ/日本) スタミナがあり走り負けないし、得点力もあるが、CB以外にも、サイドバックやボランチ、さらにはサイドハーフもできるユーティリティプレイヤー。まだ19歳なので、今のうちに親善試合で代表経験を積ませておくのも将来につながる。

オススメMF

選手名(所属チーム) コメント
香川真司(ベシクタシュ/トルコ) 狭いスペースでもボールを受け操り、局面を打開するる技術と視野の広さ、アイデアの豊富さはさすが。トルコに移籍して、スルーパスとゲームメイク力を始めとした試合勘も戻ってきた。
鎌田大地(シント=トロイデンVV/ベルギー) ベルギーリーグで無双。周囲の選手を上手に活かすプレースタイルに、ベルギーで磨きをかけたトラップ、シュートにも期待!足元の技術があるので、FWとして覚醒もあり!
本田圭佑(メルボルン・ビクトリーFC/オーストラリア) 守備こそうまくないもののフィジカルは強い。
ヨーロッパ・南米の強豪と互角に張り合うには本田くらいのフィジカルは必要。タメも作れる辺りは、今の日本代表になく補強ポイントになる。FKも魅力。
中島翔哉(アル・ドゥハイルSC/カタール) アジアカップ2019を怪我で直前リタイアしたが、無事に回復し移籍先のカタールで堂々と躍動している。森保ジャパンの若手筆頭株だけに、ここで再招集し活躍に期待!
清武弘嗣(セレッソ大阪/日本) 近年怪我に泣かされたが、クロスやフリーキックの精度、独特の足元でのコントロールと抜群のボールさばきは代表クラスとして今も通用する。若手とベテランのつなぎ目としても、もう一度代表で見てみたい。

オススメFW

選手名(所属チーム) コメント
岡崎慎司(レスター・シティFC/イングランド) クラブでの出場機会が減ったとはいえ、運動量も豊富で、献身的な守備もでき、代表クラスの実力は健在です。また、大迫勇也選手ともプレーした経験もあるなど、ベテランとしてチーム力・FW力の安定化には必要です。
柿谷曜一朗(セレッソ大阪/日本) 海外での経験も豊富で、ボールコントロールに長ける。ボールの回転の仕方、相手の位置、風向き等、あらゆる要素を計算してトラップするテクニックは、前線での楔にもってこい。もう一度代表でそのスキルを見てみたい。
鈴木 武蔵(北海道コンサドーレ札幌/日本) J1開幕早々調子がいい。ジャマイカとのハーフで、体格も良く、自慢のスピードとゴールへの嗅覚が、日本代表FW陣に新風を巻き起こる。アンダー世代の代表も経験しており、次のW杯では20代後半となり、選手してピークの中迎えることができるので経験をつませる価値のあるFW。

スポンサーリンク

SAMURAI BLUEメンバー発表

3/14 14時からのメンバー発表LIVE配信はこちら!

 

今回の代表メンバーは下記のメンバーとなりました!

アジアカップ2019からは13人変更になりました!

オススメ選手も数名入っていますし、なかなか面白いメンバーになったのではないでしょうか!

青字の4選手は、初代表です!

GK
東口 順昭 ヒガシグチ マサアキ(ガンバ大阪)
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)
中村 航輔 ナカムラ コウスケ(柏レイソル)

DF
西 大伍 ニシ ダイゴ(ヴィッセル神戸)
佐々木 翔 ササキ ショウ(サンフレッチェ広島)
昌子 源 ショウジ ゲン(トゥールーズFC/フランス)
室屋 成 ムロヤ セイ(FC東京)
三浦 弦太 ミウラ ゲンタ(ガンバ大阪)
安西 幸輝 アンザイ コウキ(鹿島アントラーズ)
畠中 槙之輔 ハタナカ シンノスケ(横浜F・マリノス)
冨安 健洋 トミヤス タケヒロ(シントトロイデンVV/ベルギー)

MF
乾 貴士 イヌイ タカシ(デポルティーボ・アラベ/スペイン)
香川 真司 カガワ シンジ(ベシクタシュJK/トルコ)
山口 蛍 ヤマグチ ホタル(ヴィッセル神戸)
小林 祐希 コバヤシ ユウキ(SCヘーレンフェーン/オランダ)
宇佐美 貴史 ウサミ タカシ(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
柴崎 岳 シバサキ ガク(ヘタフェCF/スペイン)
中島 翔哉 ナカジマ ショウヤ(アル・ドゥハイルSC/カタール)
南野 拓実 ミナミノ タクミ(ザルツブルク/オーストリア)
守田 英正 モリタ ヒデマサ(川崎フロンターレ)(※コンディション不良により辞退)
橋本 拳人 ハシモト ケント (FC東京)※守田選手に代わり招集。代表初選出。
堂安 律 ドウアン リツ(FCフローニンゲン/オランダ)

FW
鈴木 武蔵 スズキ ムサシ(北海道コンサドーレ札幌)
鎌田 大地 カマダ ダイチ(シントトロイデンVV/ベルギー)

★スタメン予想はこちら!
【キリンチャレンジカップ2019スタメン予想】コロンビア戦(3/22)サッカー日本代表の先発はこれだ!
【準備中】【キリンチャレンジカップ2019スタメン予想】ボリビア戦(3/26)サッカー日本代表の先発はこれだ!

まとめ

今回はアジアカップ2019に未招集の選手という条件で、オススメ選手をピックアップしてみました。

6月のコパアメリカ2019でも大迫選手の招集を所属チームから【既に】断られるなど、新戦力の発掘が待ったなしの状況です。

しかし、裏返せば、代表チームとして発展・進化するチャンスでもあるわけです。

日本代表として、選手の入れ替わりがあっても一定の戦力が計算できることは、今後の国際大会やW杯予選を考える上で、とても大事ですよね。

3/14(木)のメンバー発表が楽しみですね!

 

スポンサーリンク