カタールワールドカップグループリーグE/F/G/H突破予想!日程・組み合わせと突破条件も!

カタールワールドカップグループリーグE/F/G/H突破予想!日程・組み合わせと突破条件も!

こんにちは!

2022年11月から開幕するカタールワールドカップですが、日本時間の4月2日、抽選会が行われ、ついにグループリーグの組み合わせが決まりました!

我らが日本代表はグループEでスペインとドイツと同じグループに入り、死の組となってしまいましたが、世界の中でもトップクラスの選手相手と戦えるというワクワク感があります。

今回の大会は、史上初となる11月スタートの日程で行われたり、様々な事情がありプレーオフが延期になったり、カタールの気候の問題など、これまでとは違うことが多い異例のW杯となっています。

やはりW杯というのは、全世界のサッカーファンが注目する場なので、サッカー以外のことで問題が起こる大会にはなってほしくないなという思いがあります。

もちろん選手たちは、母国を背負ってアツい戦いを見せてくれるはずなので、すでに今から予想するのを含めて楽しみでいっぱいです!

本記事では、まずはグループ突破の条件をご紹介した後、グループA~Dの突破国の予想と見所、そして各グループの試合日程をご紹介します!

 

>>【関連】カタールW杯最新予想!優勝候補は?歴代優勝国の最多回数や賞金も!

>>【関連】カタールワールドカップグループリーグA/B/C/D突破予想!日程・組み合わせと突破条件も!

 

グループリーグ予選突破条件 | カタールワールドカップ2022

W杯では各グループ全4チームでの一発勝負で3試合ずつ各チームが戦います。

その4チームのグループが、全部で8グループあり、32チームで大会が行われます。

グループリーグ上位2チームが予選突破となりますが、突破の条件をこちらでチェックしてみましょう!

 

突破の条件として優先的に考えられるポイントは、

・勝ち点

・得失点差

・総得点

で、さらに勝ち点や得失点差が並んだチームがある場合、

・当該チーム間の直接対決の勝ち点

・当該チーム間の直接対決での得失点差

・当該チーム間での総得点

・抽選

の順で決定されます。

少し分かりづらいかもしれませんので、簡単に例を見てみましょう!

 

全勝した場合は勝ち点9となり、無条件で首位突破となります。

 

次に、2勝1分けの勝ち点7も首位通過が見込まれますが、2チームが並んだ場合は得失点差の大きい方が首位通過となります。

また、得失点差が並んだ場合はチームの総得点数が大きい方が上位になります。

 

次は2勝1敗の勝ち点6の場合、予選2位以上の通過が決定します。

勝ち点が並んだ場合、得失点数または直接対決の結果で、首位通過か2位通過かが決定します。

 

ここからが首位か2位か、そして敗退か当落線となる1勝2分けの勝ち点5です。

敗退として考えられるシナリオは、3チームが1勝2分けで並び、得失点差または総得点が最も少ない場合です。

 

次に1勝1分け1敗の勝ち点4です。

この場合は2勝または1勝2分けのチームに続く2位通過が考えられます。

そして全チームが勝ち点4で並んだ場合、得失点差または総得点や直接対決の結果が考慮されるケースとなります。

 

続く勝ち点3ですが、1勝2敗または3分けが考えられます。

2010年W杯ではニュージーランドが3分けで無敗ながらグループステージ敗退ということがあり話題になりました。

勝ち点3の場合、9, 7, 6, 5, 4、そして3で並ぶチームが2つ以上あり、突破または敗退か他会場の結果によるところがあります。

 

そして勝ち点2以下は無条件で敗退となります。

 

スポンサーリンク

グループリーグE突破予想・分析 | カタールワールドカップ2022

 

グループE: スペイン、ドイツ、大陸間POの勝者(ニュージーランドvsコスタリカ)、日本

突破予想: 首位ドイツ2位日本

大陸間PO勝ち上がり予想: コスタリカ

 

大陸間POの勝者は、ダークホースになる可能性は低いと予想。

 

まずドイツは、経験豊富な守備陣と勢いのある攻撃陣がバランス良く揃っています。

前回大会では痛恨のグループリーグ敗退となってしまいましたが、そこからしっかりと組織を整えて、ハンジ・フリック監督の下、安定感のあるサッカーを展開しています。

守備陣には、ノイアーやリュディガーと言った経験のある選手が試合を締めてくれますし、前線にはチェルシーで活躍するハヴァーツやヴェルナー、バイエルンで両翼を務めるザネ、ニャブリなど強力なメンバーが揃っています。

 

そして大半の人がスペインを2位通過に予想すると思いますが、ここは日本人として希望を込めて日本を2位通過と予想。

スペインは前回、前々回とW杯で結果を残せずにいましたが、そこから一気に世代交代を果たして、新たなサイクルに入っている最中です。

そんなスペインの弱点として、守備陣のスピードに不安があると思うので、なんとか三笘薫や伊東純也のスピードで抜き去って、点に繋がることができれば、スペインに対して勝機があるのではないかと考えます。

 

そしてグループEの見所は、少し語りましたが日本代表がどのように戦うかです!

まず初戦のドイツ戦、ここは正直勝ちを狙わずにとは言いませんが、引き分け狙いのドン引きサッカーで、運よく前線のスピードを活かしたカウンターから1点取れればラッキーという戦いになるはずです。

そして2戦目の大陸間PO勝者との戦いでは、絶対に勝ち点3を得なければいけないので、初戦とは違ったアグレッシブなサッカーが求められます。

もしこの2戦で勝ち点4を手にしていれば、状況にもよりますが最終戦のスペイン相手には初戦と同じく、守備的な戦いで挑んでいけますし、勝ち点3の状況であれば、もう少し攻撃的な試合展開が必要になります。

とにかく今回は守って守ってカウンターという形が重要になると思うので、いかに少ないチャンスを決めきれるかが日本にとって1番のポイントになってきます。

非常に厳しいグループに入ったことは間違いないですが、上手く考えて戦っていけばグループ突破は見えてくるので、日本がジャイアントキリングする姿に期待しましょう!

>>【関連】サッカーワールドカップの番狂わせといえばこれ!起こせジャイキリ!

 

スポンサーリンク

グループリーグF突破予想・分析 | カタールワールドカップ2022

 

グループF: ベルギー、モロッコ、クロアチア、カナダ

突破予想: 首位ベルギー2位クロアチア

 

ベルギーは黄金世代と呼ばれるデブライネ(マンチェスター・シティ(ENG))やルカク(チェルシー(ENG))などのメンバーが、30代に近づいてきていて、全盛期は過ぎているかもしれませんが、それを補う経験と技術でこのグループでは圧倒的な力を見せるはずです。

特にデブライネ、ルカクの2人が攻撃のカギを握るので、この2人のパフォーマンスは大事になってきます。

不安があるとすれば、守備陣にヨーロッパのトップクラスで活躍する選手がいないという部分がありますが、キーパーには最後の砦としてクルトワ(レアル・マドリード(SPA))が控えているので、多少崩されても止めてくれるという安心感があります。

念願のW杯優勝に向けて、グループリーグでは2戦目までに突破を決めて、3戦目は主力を休ませれる状況に持っていきたいところです。

 

2位に予想したヨーロッパの強豪クロアチアは、前回大会のファイナリストという印象が強く残っています。

しかし、前回大会で躍動したメンバーはだいぶ歳を重ねていて、少し短期決戦でのコンディション作りに不安が残ります。

それでもモドリッチ(レアル・マドリード(SPA))はまだまだレアルで中心選手として活躍していますし、ブロゾビッチ(インテル(ITA))、コバチッチ(チェルシー(ENG))など中盤にワールドクラスの選手が多く揃っているため、試合の主導権を握ることができます。

モロッコ、カナダに比べれば、圧倒的に経験も力もあると思うので、クロアチアの2位通過は固いと予想。

 

そしてグループFの見所は、各国に揃うタレントをいかに抑えるかです!

ベルギー、クロアチアには多くのタレントが揃っていて、ベルギーでは先ほど名前をあげたデブライネ、クロアチアではモドリッチと世界最高峰の選手をどう抑えるかが、重要になります。

そしてモロッコ、カナダにもヨーロッパのトップクラスで活躍する選手がいて、モロッコにはウイングバックとして、攻守両面に貢献できるハキミ(パリ・サンジェルマン(FRA))、カナダには圧倒的なスピードを誇るアルフォンソ・デイビス(バイエルン・ミュンヘン(GER))がいます。

このようにどの国にもチームの鍵を握る選手が存在するので、各国がどのように対策を練ってくるのかが楽しみですね!

 

グループリーグG突破予想・分析 | カタールワールドカップ2022

 

グループG: ブラジル、カメルーン、スイス、セルビア

突破予想: 首位ブラジル2位セルビア

 

2002年大会以来の優勝を狙うブラジルは、今大会1番の優勝候補と呼び声が高い状況です。

厳しい南米予選を無敗で突破し、17試合で合計40得点、5失点と攻守両面で圧倒的な成熟度を誇っています。

今までブラジルは、攻撃が持ち味のチームというイメージがありましたが、現在は守備陣もベテランのチアゴ・シウバ(チェルシー(ENG))を筆頭にファビーニョ(リバプール(ENG))、マルキーニョス(パリ・サンジェルマン(FRA))、アリソン(リバプール(ENG))など強力なメンバーが揃っています。

もちろん攻撃の破壊力もネイマール中心に健在で、完全に全盛期を迎えているブラジルが今大会優勝へと、一気に突き進んでいく可能性は充分にあると予想します!

 

2位通過には、セルビアを予想しましたがこのグループの2位争いは、全グループの中でも一番混戦になる可能性があります。

スイスはヨーロッパでもくせ者のチームで、2021年に行われたEUROではフランスをPK戦の末に、破るなど大物食いができるチームです。

さらにカメルーンもタレント的には劣るかもしれませんが、アフリカの雄としてこれまで通り身体能力を活かした、大胆なサッカーをしてくるので、油断はできない相手です。

その中でもセルビアはポルトガルを予選で破り、首位で通過した確かな実力がありますし、日本でもお馴染みのストイコビッチ監督が指揮を執るという部分でも注目が集まります。

フォワードには、ヨビッチ(レアル・マドリード(ESP))、ミトロビッチ(フラム(ENG))、そして現在大注目のストライカーであるヴラホビッチ(ユベントス(ITA))と素晴らしい3人のフォワードを揃えています。

このように予選を首位で通過した勢いとタレント力の高さから、セルビアが混戦の2位争いを抜けるのではないかと予想します。

 

そしてグループGの見所は、対ブラジル戦法です!

このグループで1強の立場にあるブラジルに対して、他の3か国はどのような狙いで戦っていくのかが大きなポイントとなります。

しっかりと守備を固めて勝ち点1を狙いに行く戦いをするのか、勝ち点3を狙ってブラジルと対等な戦いをするのかが、その国の状況によって変わると思いますが、気になる部分です。

しかし、徹底した守備を敷いたとしてもブラジルには個でそれを崩すことができる選手が多く揃っているため、いかに粘り強く90分間集中を切らさずに、守れるチームがブラジルから勝ち点を獲得するチャンスがあると予想。

この対ブラジルといった観点で見ていくと、3か国それぞれに違いが出ると思うのでそういった部分も楽しんでいきたですね!

 

スポンサーリンク

グループリーグH突破予想・分析 | カタールワールドカップ2022

 

グループH: ポルトガル、韓国、ウルグアイ、ガーナ

突破予想: 首位ポルトガル2位ウルグアイ

 

このグループだとポルトガルの首位通過が妥当だと予想します。

予選ではセルビアに後塵を拝し、プレーオフで本戦進出を決めたポルトガルですがどのポジションにもワールドクラスの選手を揃えています。

特にプレミアリーグで活躍する選手が多く、ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ(ENG))、ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド(ENG))、ディオゴ・ジョタ(リバプール(ENG))とビッククラブでプレーするこの3人がバランス良く各ポジションにいるのが強みになります。

 

2位には順当にウルグアイを予想します。

これまでウルグアイを支えてきた2大エースのルイス・スアレス(アトレティコ・マドリード(ESP))とカバーニ(マンチェスター・ユナイテッド(ENG))、そして守備の要であるゴディン(アトレチコ・ミネイロ(BRA))の高齢化で少し力は今までより、劣るのかもしれませんが厳しい南米予選を勝ち抜いてきた力は間違いありません。

そしてこのベテランだけでなく、アラウホ(バルセロナ(ESP))やバルベルデ(レアル・マドリード(ESP))など新世代の才能も出てきているのでベテランと若手が上手く融合すれば、ポルトガルを抑えて首位通過もありえます。

 

そしてグループHの見所は、クリスティアーノ・ロナウドのプレーです。

やはりポルトガルを背負ってきたクリスティアーノ・ロナウドが、おそらく年齢的にも最後となるW杯でどのようなプレーを見せるのかが注目されます。

現在37歳で今大会に出場となれば、5回目のW杯となる中でこれまではマークが厳しく、ゴールを量産することが出来ませんでした。

しかし、今のポルトガルには他にも注意しなければならない選手が多くいるので、ロナウドへのマークは今までより少なくなることが予想されます。

そこでロナウドがゴールを量産し、爆発すれば悲願のW杯初優勝が見えていくと思うので、どんなプレーを見せてくれるのか期待していきましょう!

 

スポンサーリンク

グループリーグE試合日程 | カタールワールドカップ2022

グループEの日本時間での試合日程は以下です。

日付 時間 対戦カード
1 11/23(水) 22:00 ドイツ vs 日本
1 11/24(木) 1:00 スペイン vs 大陸間PO勝者
2 11/27(日) 19:00 日本 vs 大陸間PO勝者
2 11/28(月) 4:00 スペイン vs ドイツ
3 12/2(金) 4:00 日本 vs スペイン
3 12/2(金) 4:00 大陸間PO勝者 vs ドイツ

 

スポンサーリンク

グループリーグF試合日程 | カタールワールドカップ2022

グループFの日本時間での試合日程は以下です。

日付 時間 対戦カード
1 11/23(水) 19:00 モロッコ vs クロアチア
1 11/24(木) 4:00 ベルギー vs カナダ
2 11/27(日) 22:00 ベルギー vs モロッコ
2 11/28(月) 1:00 クロアチア vs カナダ
3 12/2(金) 0:00 クロアチア vs ベルギー
3 12/2(金) 0:00 カナダ vs モロッコ

グループリーグG試合日程 | カタールワールドカップ2022

グループGの日本時間での試合日程は以下です。

日付 時間 対戦カード
1 11/24(木) 19:00  スイス vs カメルーン
1 11/25(金) 4:00 ブラジル vs セルビア
2 11/28(月) 19:00 カメルーン vs セルビア
2 11/29(火) 1:00 ブラジル vs スイス
3 12/3(土) 4:00 カメルーン vs ブラジル
3 12/3(土) 4:00 セルビア vs スイス

グループリーグH試合日程 | カタールワールドカップ2022

グループHの日本時間での試合日程は以下です。

日付 時間 対戦カード
1 11/24(木) 22:00 ウルグアイ vs 韓国
1 11/25(金) 1:00 ポルトガル vs ガーナ
2 11/28(月) 22:00 韓国 vs ガーナ
2 11/29(火) 4:00 ポルトガル vs ウルグアイ
3 12/3(土) 0:00 韓国 vs ポルトガル
3 12/3(土) 0:00 ガーナ vs ウルグアイ

 

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、W杯グループリーグ突破の条件について具体的な勝点と共におさらいした後、グループE~H突破国予想と見所、そして試合日程についてご紹介しました。

グループE~Hは日本はもちろんのこと、ブラジル、ベルギーなどの優勝候補に挙げられるチームとクロアチア、スイスなどくせ者の実力者が揃っている、各グループに特徴がある形になりました。

その中でやはり日本人として日本をメインに見ていくと思うのですが、その延長で他のグループで様々な国のスタイルを見てみると、さらにW杯を楽しむことが出来ると思います。

本大会の開催まで2022年4月現在、残り7ヶ月ほどとなっています。

これからは各選手がクラブでの戦いで代表に入るために戦い、その中で選ばれた精鋭たちが国を背負って戦うW杯はどの試合も見どころ満載な試合になるので、今から11月が待ちきれませんね!

 

>>【関連】カタールW杯最新予想!優勝候補は?歴代優勝国の最多回数や賞金も!

>>【関連】カタールワールドカップグループリーグA/B/C/D突破予想!日程・組み合わせと突破条件も!

 

スポンサーリンク