MotoGPバーチャルレースの放送・ネット中継予定と見逃し配信はこちら!

MotoGPバーチャルレースの放送・ネット中継予定と見逃し配信はこちら!

こんにちは!

新型コロナの影響で、5月開催のスペインGPの延期も決定した2020シーズンのMotoGP(モトジーピー)ですが、

MotoGPのプロモーター「ドルナ・スポーツ」の意向もあり、公式ゲームである「MotoGP 19」を使用したバーチャルレースが開催されることになりました(^^)/

第1戦の開催は日本時間では、3/29(日)22時よりライブ配信予定となっています(^^)/

追記:第2戦以降の開催も発表されしだい順次更新します(^^)/

そのバーチャルレースには、実際のスター選手も参加するとのことで、相次ぐレースの延期で寂しい思いをしていたファンを楽しませてくれるイベントになりそうですね(^^)/

本記事で、MotoGPバーチャルレースの放送・配信予定と視聴方法を具体的にまとめていますので、視聴のおともにご利用ください(^^)/

 

MotoGPバーチャルレースの放送・ネット中継予定と見逃し配信はこちら!

MotoGPバーチャルレースの開催日時

MotoGPバーチャルレースは、以下日程で開催される予定になっています。

第1戦:3/29(日)22時〜(日本時間)

第2戦:4/12(日)22時〜(日本時間)

第3戦:5/03(日)22時〜(日本時間)

第4戦:5/17(日)22時〜(日本時間)

 

■今後の開催について
第3戦以降の開催について、発表あり次第、順次追記・更新していきます(^^)/

 

スポンサーリンク

MotoGPバーチャルレースの放送・配信予定

MotoGPバーチャルレースですが、テレビ放送はなく、

MotoGPオフィシャルサイトや公式YouTubeでライブ配信があります(^^)/

MotoGP公式Youtube

一番手軽な視聴方法としては、MotoGP公式Youtubeでのライブ配信視聴がオススメです(^^)/

MotoGPVirtualRace2#StayAtHomeGPYouTube

>>【MotoGPバーチャルレース】公式Youtubeで視聴する

 

スポンサーリンク

MotoGP.com(MotoGP公式サイト)

MotoGP.comでも同様にライブ中継予定がありますので、公式Youtubeが重い場合などはこちらで視聴するのも良いと思います(^^)/

MotoGPCOMでの視聴

>>【MotoGPバーチャルレース】MotoGP.com(日本語ページ)で視聴する

 

スポンサーリンク

MotoGPバーチャルレースの見逃し配信

MotoGPバーチャルレースを見逃した方は、

MotoGP.comや、esport.motogp.comをチェックしてみてください。

事前の報道によると、配信終了後にオンデマンドでフルレースとハイライトの配信が予定されています(^^)/

 

スポンサーリンク

MotoGPバーチャルレースのサーキットと開催ルール・形式

第4戦

第4戦の舞台は、サンマリノGPの開催地、

「ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ」です(^^)/

今大会はMotoGPクラスとMotoEの2レースが行われ、

総勢20名のライダーが参加することが発表されています。

 

決勝レースの周回数:

・MotoGPクラスは、実際のレース距離の35%に相当する9周です。

・MotoEは50%の5周となっています。

使用ゲームは、前回第3戦のスペインGP同様

MotoGPオフィシャルテレビゲームの2020年版『MotoGP20』が使用されます(^^)/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【2020年08月27日発売】 オーイズミアミュージオ MotoGP 20【PS4】
価格:7900円(税込、送料無料) (2020/5/17時点)

 

第3戦

第3戦の舞台は、スペインGP

Moto2クラス、Moto3クラスを含む3クラスのライダーが参加します(^^)/

 

第2戦

第2戦の舞台はオーストリアGPの開催地、

レッドブル・リンク となっています(^^)/↓

レース形式(開催ルール)として、

グリッドを決める「5分間の予選」と、

決勝として「10周」レース

で争われることになっています(^^)/

第1戦の決勝が6周でしたが、第2戦は10周ということで、さらに白熱したバトルに期待ですね!

第1戦

バーチャルレースで使用されるサーキットは、

イタリアGPの舞台である

「ムジェロ・サーキット」と発表されています。

 

レース形式(開催ルール)として、

グリッドを決める「5分間の予選」と、

決勝として「6周」レース

で争われることになっています(^^)/

 

スポンサーリンク

MotoGPバーチャルレースの参加ライダー・選手

第4戦

<MotoGP>クラス

マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)

アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)

ミケーレ・ピロ(ドゥカティ・チーム)

バレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)

マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)

ジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)

ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)

フランセスコ・バニャイア(プラマック・レーシング)

中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)

ティト・ラバット(レアーレ・アビンティア・レーシング)

ロレンツォ・サバドーリ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)

<MotoE>クラス

マッテオ・フェラーリ(トレンティーノ・グレシーニMotoE)

エリック・グラナド(アビンティア・エスポンソラーマ・レーシング)

マイク・ディ・メリオ(エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDS)

チャビエル・シメオン(LCR Eチーム)

マティア・カサデイ(オンゲッタSIC58スクアドラコルセ)

ドミニク・エガーター(インタクトGP)

ルーカス・トゥロヴィッチ(テック3・Eレーシング)

ジョルディ・トーレス(ジョイン・コントラクト・ポンス40)

アレハンドロ・メディナ・マヨ(オープンバンク・アスパー・チーム)

第2戦

第2戦にエントリーしているのは、以下の10名です。

現役MotoGPライダーとテストライダーのラインナップとなっています。

マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)

ダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ・チーム)
ミケーレ・ピロ(ドゥカティ・チーム)

バレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)
マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)

ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)

フランセスコ・バニャイア(プラマック・レーシング)

中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)

ティト・ラバット(レアーレ・アビンティア・レーシング)

この10名のうち、ペトルッチ、ピロ、ロッシ、中上、ラバットの5名は初参戦となる。

 

第1戦のポールポジションは、クアルタラロ。

決勝で勝利を勝ち取ったのはアレックス・マルケスでした。2位にバニャイア、3位にビニャーレスという結果でした。

第2戦でもアレックス・マルケスの連勝となるのか、それとも初参戦ライダーが優勝するか注目です(^^)/

第1戦

今回のイベントには、

現MotoGPチャンピオンのマルク・マルケスも参加予定になっています(^^)/

(※残念ながらバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は不参加となりました。)

 

バーチャルレースには、

次の計10名のライダーが参加予定となっています(^^)/

 

マルク・マルケス(ホンダ)

アレックス・マルケス(ホンダ)

マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)

ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)

アレックス・リンス(スズキ)

ジョアン・ミル(スズキ)

アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)

イケル・レクオナ(テック3・KTM)

ミゲル・オリベイラ(テック3・KTM)

フランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)

 

なお、MotoGPの公式eスポーツシリーズの選手は参加しない予定です。

eスポーツシリーズの選手が参加すると、普通に考えるとゲーム慣れしているので、ハンディキャップ有無をどうするかなど、考慮する必要がでてきます。

そのため、バーチャルレースとはいえ、実際のライダーのみで開催される今回のイベントは、どんなレースが繰り広げられるのか楽しみになってきますね(^^)/

 

スポンサーリンク

まとめ

MotoGPバーチャルレース開催情報(日時、コース、参加ライダー)、放送・ネット配信についてまとめてみました。

新型コロナの影響でMotoGPも開幕戦から延期が相次ぎ、今回のイベントはバーチャルレースとはいえ

実際のライダーが参加して行われるため、レースを楽しみにしていたファンにとって、実際のレースとはまたひと味違ったバトルで面白い展開も期待できると思います(^^)/

MotoGP公式Youtube等で、無料でライブ配信が楽しめますので、本記事参考に、MotoGPバーチャルレースを楽しんでくださいね(^^)/

 

スポンサーリンク